So-net無料ブログ作成

代々木八幡駅の可動ステップを見る [はつかり(鉄系)]

DSC00628.jpg
代々木八幡駅の可動ステップを見る



3月のダイヤ改正から小田急線の各駅停車の10両編成の運転が始まりました。
これまで8両までしか運転できないネックとなっていた、代々木八幡駅のホームですが、複々線化完成から約1年遅れて、ようやく10両対応の新ホームが完成したわけです。
この駅部は、小田原方の代々木上原で2面4線のうち内側の2線が東京メトロ千代田線として地下に潜ったのち、小田急小田原線の本線がカーブしながら次第に接近してくる部分に当たり、従来は上下線の相対式ホームがかなり離れて設置されていました。小田原側はすぐに踏切、新宿側も住宅やビルが迫っていて相対式のままでのホーム延長は不可能とは言わないまでもかなり困難だったものと推察されます。そのため、離れた上下線の間にくさびを打つ打ち込むような形で島式ホームを新設すると同時に駅舎を橋上化する工事が行われました。
このさい、新宿方面行きの上りホームは進行方向左に急カーブを切っているポイントに停車する必要が生じたため、電車とホームの間の間隔が大きくあくところがあり、珍しい可動式のステップが新設されたとのことですので、先日ちょこっと様子を見に行ってみました。

続きを読む


nice!(35)  コメント(4)