So-net無料ブログ作成

秩父へ行ってきた「2席/52席の至福」 [やまびこ(旅日記)]

DSC02248.jpg
秩父へ行ってきた「2席/52席の至福」



7月某日、西武のレストラントレイン「52席の至福」を楽しんできました。
一応、やまびこの誕生日祝いという名目で、、、誕生日は8月なんですが、予約の具合でこの日に決定。予約したのは秩父からの復路のディナーコースになります。


この機会に、西武の新型特急「LAVIE」の試乗もしてきましょう。
現時点ではLAVIEの列車はまだ多くなく、池袋発の最初が11時と結構ゆっくりの出発になりました。乗車券は1日乗り放題のフリー切符が「52席の至福」のパッケージに入っています。

池袋駅

DSC02090.jpg
西武ご自慢の001系「Laview」



出目金顔は好き嫌いありそうです。・・・・
連結器周りとスカートは意外にごついですね。

ボディのエンブレムは↓


DSC02092.jpg
弁当箱???



いやいや、こいつは、、、、Intel入っている? N社のパソコンでしょ~!?

車内はテレビなどでもおなじみのきいろ、キイロ、黄色!

DSC02093.jpg


DSC02094.jpg


さてさて、応接室の椅子のようでもありますが、どんな座り心地かな。
お、これは意外に良いぞ。しっかりホールドして、リクライニングさせても安定しています。
(小田急のVSEやMSEの金返せってくらいの座りごこちとは運泥の差です)

残念ながら西部特急には車内販売がないので、コーヒーでも買おうと構内のファミマに行って(自分でボタン押すやつね)カップをセットしたら・・・なんとコーヒーがちょうどなくなった。
もう時間がなくてワヤです。返金してもらって自動販売機のコーヒーで我慢。


発車します。
以外に空いた状態でしたが、途中駅から乗車する人も多く、日常の足として利用されているようです。池袋駅ではあまり窓の大きさが感じられなかったのですが、1号車の車いすスペースは座席がないので覗いてみますと・・・

DSC02098.jpg
噂にたがわぬ、巨大な窓です



気になったのは、飯能駅でのスイッチバック時の座席向き。積極的に変えろっていう放送ではなく、おしゃべりに夢中の人は変えるでもなく、子供連れは積極的に変えたいし、右側と左側でお見合い状態があちこちで発生してしまいまいました。

秩父の山を越えて、西武秩父駅に到着。


DSC02105.jpg
きれいに改装されました



集合時刻まで市内をぶらりと見てまわります。


DSC02126.jpg
秩父神社にいって



DSC02141.jpg
まつり会館で絢爛豪華な山車を見学



DSC02145.jpg
武甲酒造で夏酒を1本



DSC02220.jpg
眼病除けの慈眼寺には咲き残したあじさい




途中、秩父鉄道の電車を数カット

DSC02110.jpg
ハデハデですね~



DSC02170.jpg
少林寺の門前踏切にて





最後は駅構内にできた

DSC02106.jpg
祭りの湯で汗を流します



温泉の割引券もついていました。


ここからが本番、「52席の至福」のディナーに乗車します。
ホームに入って待ってくださいとのことで、3番線ホームに行ってみます。


DSC02234.jpg
これまたハデハデなお顔



運転士さんに記念写真撮影などしていただいているうちに、時間になって、「52席の至福」に乗車いたします。
4000系電車を改造した4両編成で、指定されたのは最後尾の4号車。2号車と4号車がダイニングスペース。2両で定員52とゆったりした2人掛けと4人掛けのテーブル席が配置されています。3号車はキッチンカー。オープンになっていて除くことができます。4人ほどのシェフが調理されていました。先頭の1号車はイベントカーでこの日は何も用意されてなくてすっからかん。

アテンダントさんも車両当たり3人ぐらい配置されていて、濃密なサービスが行われるようです。

レストランの料理は、秩父の産物にこだわっていて、メニューにも生かされています。


まずはスパークリングワインでスタート


DSC02267 - コピー.jpg



DSC02270.jpgDSC02272.jpg


前菜は「夏のリゾーニ 涼しげなトマトジュレ添え」「秩父風ウッフ・アン・ムレット」
(小粒なパスタとポーチドエッグ)


DSC02273.jpg
「オーベルジーヌパルミジャーノ」


茄子のオーブン焼きです。


DSC02275.jpg
メインは「牛バラ肉のコンフィ」



これおいしかったです↑


食事の合間には、室内楽の演奏が楽しめます。

DSC02278.jpg
ほほ~♬




このあたりで日が暮れ、雨が降ってきてしまいました。


DSC02276.jpg
記念品とメッセージカードをいただきました



添えられたマシュマロをコーヒーに溶かすとおいしいというので・・・


DSC02277.jpg
甘もうございます



DSC02281.jpg
デザートは「桃のコンポート」



同じ車両に、誕生日のお祝いをもらう方が複数おられ、後で確認したところ、「アニバーサリプラン」というオプションがありるのでした。ここまではいらないけどね。


全体として、量は控えめで程よい味付けでおいしいフレンチでした。
往復の乗車券、お土産の紅茶もいただいて15,000円というのは、まあいいお値段かなと思います。

メニューを見ると、ランチコースも同じぐらいのボリュームで、10,000円とお値打ちとなっているように感じます。予約の入り方もランチコースの方が先に埋まるようです。

この日の帰路のコースは、西武秩父発新宿行。
食事を終えてよいころ合いに山手線を越えて西武新宿駅に滑り込みます。


DSC02294.jpg
西武新宿駅の混雑するホームに到着



回りの利用者たちは慣れているのか、さして珍しがるわけでもないのですが、雑然としたホームにいきなり放り出された感じは否めませんでした。が、新宿駅はホーム3面しかないので仕方ないですかね。

アテンダントの皆さまの心づくしのサービスが印象に残るレストラントレインでした。
感謝感謝でございます。


<お終い>









nice!(34)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

nice! 34

コメント 4

JR浜松

レストラン列車、良いですね。
旅の主役的な存在、そろそろ次を考えてみたくなって来ました!
by JR浜松 (2019-08-19 08:53) 

ぼんさん

椅子が座りやすいと良いですね(^-^)
お食事もすごく美味しそうですね!
by ぼんさん (2019-08-19 11:40) 

やまびこ3

JR浜松さん
こんにちは。日光への東武、箱根への小田急、あ、御殿場もいいかも、
などへのルートにこんな列車ができると楽しいですね。外房の海岸もいいけどちょっと遠いかなあ。
JR~伊豆のサフィールってどうなのでしょう?
by やまびこ3 (2019-08-20 19:35) 

やまびこ3

ぼんさんさま
こんにちは。地味ながら結構人気があって、ランチコースはすぐにいっぱいにあってしまうようですね。サービスはプリンスホテル譲りなのでしょうか。少しばかり手作り感もあって楽しかったです。
by やまびこ3 (2019-08-20 19:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。