So-net無料ブログ作成

夏本番!只見へ、会津へ!(パート3) [はつかり(鉄系)]

DSC01122.jpg
夏本番!只見へ、会津へ!(パート3)



8月4日 深緑の只見川


早朝、第1橋梁のビューポイントに行ってみました。が、、、


DSC01062.jpg
こりゃあ、ただの霧じゃん!



2番列車は第2橋梁の国道側から


DSC01088.jpg
緑の中を走る東北色のキハ40



朝食後にを預けて、再び国道側へ。第2橋梁まで行くと逆光の日差しが強いので、手前の観音像ポイントの近くで9時の列車を待ちます。



DSC01176.jpg
宮下ダムにキハ40の姿がきれいに映りました




この後、「只見線夏休み号」は、少し遠出して、滝谷川橋梁で記録しようと頑張って走りました。
滝谷川橋梁を見下ろすお立ち台のポイント、数人のファンがすでに集まっておられました。
それにしても暑い、会津盆地からはかなり山に入っていると思うのですが、熱気がすごいです。



DSC03880.jpg
国鉄色キハ47が上ってゆきます



寄ってみます


DSC01231.jpg
新緑に朱色のボディがきれいです



この時間帯は1本のみ。


宮下に戻りまして、ランチタイム。道の駅の隣のカレーハウス「物産館なごみ」に行くと、なんとご飯が品切れとのことで、これからご飯を炊くと・・・・
やむなく、町はずれのカフェ「はしのはし」に行って、ランチといたしました。


DSC_4764.jpg
地元の野菜を使った野菜カレーですだ



返しの「奥只見夏休み号」は比較的すいていると思われる第2橋梁で撮影することとしました。が、逆光きつい。
ここは構図でごまかすしかないです。残念ながらさざ波がたって水鏡にはなりません。



DSC01254.jpg
国鉄色キハ47が水の上を行きます



DSC01277.jpg
最後の撮影になりました、東北色のキハ40



これにて、今回の撮影行は打ち上げます。帰りの列車までの間にふるさと荘の温泉で汗を流し、温泉の自動販売機でビールを調達します。(日曜日は酒を入手するのが困難なのです。)


会津宮下(1554)-[430D]-(1719)会津若松

会津若松(1730)=[会津バス]=(1900)郡山

郡山(1930)-[156B]-(1930)東京


DSC_4766.jpg
只見線では会津地鶏とビール




すでに予約してあった新幹線には間に合わにので、ネットで変更をかけますた。
会津若松から郡山は会津バスの高速バス。特に混むこともなく、定刻前に郡山につきました。
新幹線のホームに上がったところで・・・・

グラグラグラ、ガタガタガタ~♬
地震だ~。

目の前に下り「やまびこ215号」が消灯状態で急停車しました。地震を感知して停電による緊急停車です。

DSC_4768.jpg
ホームの半ばに止まってしまいました




こりゃあ、やばい。郡山泊まりも覚悟しましたが、震度4とのことで、15分ほどで運転再開。震度5ぐらいに感じましたが、ホームは少しやわなのか?

「やまびこ156号」は15分遅れでやってきました。


夕食はこれ↓

DSC_4769.jpg
「相馬野馬追弁当」 郡山駅 福豆屋 ¥1100



DSC_4771.jpg
結構お値打ちな弁当でした




只見、会津の旅はこれでお終いとします。秋か冬にまた行きたいと考えております。

<完>










nice!(37)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 37

コメント 2

gardenwalker

こんにちは
会津の夏の風景いいですね
集落の屋根の形、色が会津を物語ってますね
by gardenwalker (2019-08-18 13:27) 

やまびこ3

gardenwalkerさん
コメントありがとうございます。昭和の中頃まではきっと、これらの住宅は藁ぶきだったのだろうなあ。そう思ってみていますが、今の時代の色のカラフルなトタン屋根も会津の景色jを作っていますね。
by やまびこ3 (2019-08-18 20:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。