So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

道東ローカル線を行く(その1) [はつかり(鉄系)]

DSC08730.jpg
道東ローカル線を行く(その1)



7月のはじめ、梅雨のないはずの北海道に行ってきました。
一昨年に続いて、道東のローカル線を記録してきました。2019道東チャリ鉄紀行スタートです。


7月5日(金)


今回も羽田からスタート

NHD 800 -[JL541]-940 KUH

空港から釧路駅にバス移動。
釧路駅から輪行に入ります。

釧路(1112)-[3629D]-(1158)厚岸

厚岸周辺の別寒辺牛湿原で湿原を行く気動車を狙います。今回は十分情報収集してきたつもり。


DSC08584.jpg
3629Dに乗ってGo!



ランチは釧路の駅弁としました。

DSC_4461.jpg
釧路駅 「くしろ漁礁 かに飯」¥1050


DSC_4463.jpg
かにのちらし寿司風カニ飯



期待が高まりますねえ。




続きを読む


nice!(27)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

秩父へ行ってきた「2席/52席の至福」 [やまびこ(旅日記)]

DSC02248.jpg
秩父へ行ってきた「2席/52席の至福」



7月某日、西武のレストラントレイン「52席の至福」を楽しんできました。
一応、やまびこの誕生日祝いという名目で、、、誕生日は8月なんですが、予約の具合でこの日に決定。予約したのは秩父からの復路のディナーコースになります。


この機会に、西武の新型特急「LAVIE」の試乗もしてきましょう。
現時点ではLAVIEの列車はまだ多くなく、池袋発の最初が11時と結構ゆっくりの出発になりました。乗車券は1日乗り放題のフリー切符が「52席の至福」のパッケージに入っています。

続きを読む


nice!(31)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

夏本番!只見へ、会津へ!(パート3) [はつかり(鉄系)]

DSC01122.jpg
夏本番!只見へ、会津へ!(パート3)



8月4日 深緑の只見川


早朝、第1橋梁のビューポイントに行ってみました。が、、、


DSC01062.jpg
こりゃあ、ただの霧じゃん!



続きを読む


nice!(37)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

夏本番!只見へ、会津へ!(パート2)

DSC03386.jpg
夏本番!只見へ、会津へ!(パート2)



翌、8月3日


この日、一日、会津宮下に滞在し、観光交流館で借り受けた電動アシストレンタサイクルで撮影地をめぐります。観光交流館「からんころん」のおばさんとは顔なじみになりました。

早朝6時、昨夕の反省をもとに川霧狙いで、歳時記橋から只見川第2橋梁を狙います。


川霧は、気温が水温よりある程度高くなると発生するみたいなのです。6時が近づくと、きりがぐわんぐわん広がってきます。どうやら場所依存性があるようで、一番発生しやすいのが、三島大橋と第2橋梁の間、上流の宮下発電所から排出された水が適度に川(というか下流のダム湖)の水をかき混ぜるのがいいようで、この間が霧の発生源となって下流に霧が流れてくるようです。そして、さらに下流の歳時記橋を下まで下って、第1橋梁との間の大屈折部の先にはあまり流れていかないようです。






続きを読む


nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

夏本番!只見へ、会津へ!(パート1) [はつかり(鉄系)]

DSC03178.jpg
夏本番!只見へ、会津へ!夏本番!只見へ、会津へ!(パート1)



梅雨明け後の猛暑の中、皆様いかがお過ごしでしょうか?
夏が来ると東北へ。(年中だろといわれていますが)

というわけで、8月初め1日休暇をくっつけて、只見線に行ってきました。


8月2日(金)

今回は久しぶりの小出口から只見に入ります。
旧只見線の小出ー大白川間と電源開発のために段階的に路線を伸ばしてきた会津線の会津若松-只見間が鉄道建設公団の手で開業したのが、1971年の8月。ようやく物心ついたやまびこは、地元の方々が手旗を振って歓迎していたニュース映像を覆えています。
もともと、現会津鉄道の西若松-会津田島間ともども会津線を名乗っていたのですが、この時只見川に沿う方は、全体が只見線となりました。こちらは、冬季間並行する国道が長期不通になるため、ローカル線廃止法の例外規定により、廃止や第3セクター化を免れ、現在まで国鉄→JR東日本によって運営されています。
会津田島への路線の方は会津線と別名称をいただいたからかどうか、第3セクター化され、会津鉄道として盛業中です。こちらは、東武鉄道の鬼怒川温泉との間を結ぶ、野岩鉄道が建設され、首都圏-会津若松間の短絡ルートとして、途中までの電化も行われ、頑張っています。

一方、只見線の方は最奥部は3往復しか走らない超ローカル線としてたまにSL C11が走るとき注目される状況でしたが、2011年7月の豪雨災害で、会津川口-只見間が長期不通になってしまいました。
災害復旧に当たっては赤字企業に対してはほぼ100%の国からの災害復旧費が出るのですが、母体のJR東日本は世界最大の鉄道会社で優良企業でしたので、従来の法律では自前で復旧しないといけないところ、株式を公開しているJR東としては簡単に資金を出しにくいこともあり、バス転換も含めて(こちらから見るとずるずる引き延ばし)検討されておりました。
福島県と地元市町村は一貫して鉄道維持を主張していたころもあり、2017年に、JRが1/3を負担、残りを県、市町村が負担する形でに復旧に合意、復旧後は、会津川口-只見間は上下分離方式の鉄道となり、県有鉄道の上をJRが運営する列車が走ることになります。
 JRは旧型気動車の置き換えをすでにアナウンスしており、再開される2021年(早ければですが)には会津若松地区の気動車も置き換えられているでしょうから、復旧した路線にピカピカの新型気動車が走るのか、興味あるところ。

続きを読む


nice!(35)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

急行「津軽」走る [はつかり(鉄系)]

DSC09963.jpg
急行「津軽」走る



7月、秋田支社は再び急行「津軽」を走らせました。
春の湯沢-弘前間に変わって、今回は青森までの運転となりましたので、シーンのバリエーションが広がりました。さらに2日間で2往復のうち、下り一本は秋田-青森間で夜行運転されるという新パターンで、乗車する方にとっては12系夜行列車の旅を味わえるというものとなりました。

というわけで・・・・・

続きを読む


nice!(36)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

さいごのあじさい電車(その2) [はつかり(鉄系)]

DSC06466.jpg
さいごのあじさい電車(その2)
花盛りになりました



6月16日

6月も半ば、好天の日曜日、再び箱根にやってきました。
あじさいの花も盛りに近づいています。好天の日曜日となるとファンの数も多く、大平台のお立ち台は立錐の余地もありません。ので、手前の踏切から撮影スタート。


DSC06534.jpg
引退近いモハ103の編成が下ってきました




続きを読む


nice!(32)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

さいごのあじさい電車 [はつかり(鉄系)]

DSC05241.jpg
さいごのあじさい電車
釣りかけ電車の引退に寄せて



箱根登山鉄道の最後の釣りかけ電車モハ1型の生き残り、モハ103+モハ107の編成が7月20日で最後の運行となりました。もともと、箱根登山鉄道開業時から活躍していた車両を幾度も改造したものですが、オリジナルの姿を強く残していました。

最後の姿をとどめるべく6月~7月、何回か箱根に足を運びましので、2回に分けてご紹介します。





続きを読む


nice!(29)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

信州・越後・会津をめぐる(その4) [やまびこ(旅日記)]

DSC08252.jpg
信州・越後・会津をめぐる(その4)
さわやかな水辺をめぐる



6月23日


今日は半日阿賀野川と付き合います。

始発のキハ110で前日のルートを戻ります。

喜多方を過ぎて・・・

DSC08216.jpg
一戸鉄橋を渡って



山都駅・・・


DSC08224.jpg
「四季島」とすれ違うはず・・・


「四季島」の方が停車して待ってました。

続きを読む


nice!(37)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

信州・越後・会津をめぐる(その3) [はつかり(鉄系)]

DSC07992.jpg
信州・越後・会津をめぐる(その3)
阿賀野川に沿って



6月21日(土)


この日、1日、どこで撮影しようか考えます。
国鉄型の古豪キハ47などが、主力として活躍し、新型電気式気動車のGV-E400系による置き換えが近いとされている羽越本線か磐越西線(こちらはキハ110がかなり入ってますが)が対象となります。この時期、「SLばんえつ物語」のC57の故障&検査でDE10の代走になっている「ばんえつ物語」がDE10牽引のまま12系オリジナル客車で運転され「DL青い12系客車」となっているのに注目し、磐越西線に向かうことにしました。
雨も降りそうなので、海沿いは避けたほうがよさそうだし。

続きを読む


nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

信州・越後・会津をめぐる(その2) [はつかり(鉄系)]

DSC07146.jpg
信州・越後・会津をめぐる(その2)
115系運用を追う



7月20日

この日、北上して、国鉄型の生き残り115系電車を記録します。
まずはしなの鉄道北しなの線へ。「大人の休日俱楽部パス」はしなの鉄道では使えませんでした。しなの鉄道では何種類かの旧国鉄色の塗装を復活させており、ホームページで運用を公開しています。湘南色と旧長野色を目にできそうです。

最初に向かったのはど定番の黒姫山バックのお立ち台。梅雨空のもとですが、曇り空の下黒姫山の姿はまずまず見えました。





続きを読む


nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

信州・越後・会津をめぐる(その1) [やまびこ(旅日記)]

DSC07045.jpg
信州・越後・会津をめぐる(その1)
戸隠で緑を楽しむ



6月の中旬のことですが、あるイベントで休暇を取って長野に出かけました。


6月20日(木)

この日は非鉄です。

長野駅について夕刻のイベントまで時間があるので、戸隠まで足を延ばしました。
まずは急行バスで戸隠奥社入口へ。ここから戸隠奥社までの参道をたどります。
大鳥居をくぐって参道へ。いったん下がって上る形になっています。


参道の途中、奥社の随神門までだらだらと坂を上ってゆきます。


DSC07053.jpg
幽玄な随神門につきました



続きを読む


nice!(31)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

2019年プラチナウィークに行くヨーロッパ(その10) [やまびこ(旅日記)]

DSC01432-2.jpg
2019年プラチナウィークに行くヨーロッパ(その10)
ハンブルクへ、そして・・・



4月30日PM


ホテルで荷物をピックアップしてBad Doberanの駅に向かいます。Bad Doberanからハンブルクに戻るのですが、Rostockから来たのでWismar経由のローカル線に乗ってみます。

Bad Doberan(1532)-[RB11]-(1615)Wismar

Wismar(1624)-[RB17]-(1651)Schverin Hbf

Schverin Hbf(1724)-[RB1]-(1615)Hamburg Hbf

Bad Doberanからはほぼ同時刻にRostock行きの列車も出るのですが、ホームに行ってみると線路が1線しかありません。
あれ?

ドイツの若者:「Rostock行きはここだよ」と教えてくれます。
やまびこ :「Wismarに行きたいんだ」
ドイツ  :「それはあっちだ!」

と左の方を指さします。

上の写真を見ていただきますと、ホームの向こうのほうに泊まっていますね


おお、あれか~。

よく観察すると単線の線路がホームの途中で分かれて行き違いができるようになっています。
こんな感じです↓

IMG_20190630_0001.jpg


これだと上下線とも1つのホームで乗り降りできますし、階段やJRが大きっらいな構内踏切も必要ありませんね。JRでも長~いホームを持て余しているローカル線、亜幹線はいっぱいありそうです。こうすれば安全に楽に乗り降りできますよね~。




続きを読む


nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

中央線開業130年記念ラッピング車 [はつかり(鉄系)]

DSC03104.jpg
中央線開業130年記念ラッピング車



4月初めから中央線を走っている「中央線開業130年記念」のラッピング電車。
この車両を記録すべく、何回か機会を見つけて撮影しておりました。上の1枚は5月12日の新宿西口。

お~、サイドから見るとオレンジの風ですね。
東京駅で折り返してくるところを千駄木駅横の直線でキャッチします。


DSC03151.jpg
ヘッドマークを掲げた姿を記録できました



シャッタースピードの関係で行く先表示が判読できませんでした。

続きを読む


nice!(26)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヌシ、東海道を行く

DSC06412.jpg
ヌシ、東海道を行く



6月16日のことです

いまや、東海道本線の主ともいえるEF66ぜロ番台の最後の1両。
EF66-27が東福山からの貨物66列車をひいて上ってきた6月16日の朝。
2時間半遅れとの情報が上がりましたので、ちょうど石橋界隈では頃合いになるはず。


ゆっくり出かけてきましたが、遅れはまずばかり。

まずは石橋で、トヨタロングパスエクスプレスをキャッチ。
このころ、遅れは3時間に広がっていました。貨物列車って一度遅れ始めると予想がつかなくなるのですよ。


66列車は米神のS字カーブで捉えようと移動します。27号機、さすがに人気があるようで、狭いS字カーブのポイントは満員。端っこにカメラを構えるのがやっと。

ツイッターや貨物チャンネルで情報を集めますが、沼津通過後ぱったり情報が入らなくなりました。ということは、三島か函南で時間調整しているらしい。

どんどん日が高くなってしまいます。

4時間遅れで急に真鶴通過の情報。
そして目前を堂々と通過してゆきました。

この日、キンメ電車の団体臨時列車もあったようですが、失念しておりました。


<お終い>







nice!(21)  コメント(0) 

2019年プラチナウィークに行くヨーロッパ(その9) [やまびこ(旅日記)]

DSC01584.jpg
2019年プラチナウィークに行くヨーロッパ(その9)



まだ4月30日 モーリー乗車記

昼は、モーリーに載って終点のKühlungsborn West(キュールングスボルン西)まで往復してみようと思います。いったんDB駅前まで行って、モーリーの窓口で、Kühlungsborn Westまで往復だけど
帰路は途中、保養地として名高い、Heiligendamm(ハイリゲンダム)で下車したいというと往復切符で途中下車できますとのこと。

早速切符を求めて、列車に乗ります。
ここはすでに夏ダイヤになっていて、1時間に1本ずつ列車があります。(冬季は2時間おき)

DSC01413.jpg


10両ほどつないだ客車の一番後ろはサロンカーでしたので、そのひとつ前の車両に乗車。まだガラガラですわ。



続きを読む


nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2019年プラチナウィークに行くヨーロッパ(その8) [やまびこ(旅日記)]

DSC01211.jpg
2019年プラチナウィークに行くヨーロッパ(その8)



4月30日  Bad Doberan2日目

朝起きて、静かな町を散策しつつ上ってくるSL列車を記録します。
この時間なら観光客の姿もないので、邪魔は入らないんじゃないかと・・・・

まだ気温が低い中白い蒸気を吐きながら、99型がやってきました。



DSC01212.jpg



が、右側で作業をしていたゴミ回収車が、大通りに進出してしまいました。
ご苦労さんなことです。



続きを読む


nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

三重のローカル線巡り(その2) [はつかり(鉄系)]

DSC04680-2.jpg
三重のローカル線巡り(その2)
養老線・再訪



6月2日(日)

イベントも無事終わり、よく日曜日です。
春先にも観察した養老鉄道にやってきました。このGWからステンレス車の京急7700系が移籍して走り始めています。移り変わり時期の養老線を見てみたいということになりました。


DSC04679.jpg
養老鉄道の一部電車には100周年記念ヘッドマークが掲出されています



四日市から桑名に向かいやってきたのは、養老鉄道の下深谷駅。このあたりは田園地帯の撮影地として有名です。


DSC04685.jpg
下深谷駅は普通の田舎の駅



駅南側の田んぼに行ってみます。
さっそく、7700系が南からやってきました。

DSC04711.jpg
麦秋の畑を行く7700系ステンレス車



今度は水を張った水田で・・・

センロク復刻塗装の600系がやってきます。


DSC04755.jpg
ヘッドライトがついてきれいです





続きを読む


nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

三重のローカル線巡り(その1) [はつかり(鉄系)]

DSC04579.jpg
三重のローカル線瞥見



6月初め、所用で四日市に行っておりました。
所要の前後の時間を利用して、三重県下の鉄道探訪をちょこっとしてきました。


6月1日

三重県の鉄道見どころというと、関西本線のディーゼル機関車?、四日市あすなろう鉄道?、三岐鉄道の重連電気機関車?
いろいろありますが、まずは同じ三岐鉄道でも北勢線の方に向かいます。

続きを読む


nice!(29)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

2019年プラチナウィークに行くヨーロッパ(その7) [やまびこ(旅日記)]

DSC00803.jpg
2019年プラチナウィークに行くヨーロッパ(その7)
バートドーベランのSL列車



4月29日(月)

シュトラールズント観光を終えて、本日は西に向かいます。


DSC01390.jpg
今日のルートはこれ↑
電車のテーブルにルートマップが貼ってあります




Stralsund(1203)ー[RE9]ー(1256)Rostock

北部の工業都市ロシュトックでローカル線に乗り換え

Rostock(1306)ー[RE11]ー(1325)Rostock

DSC01388-2.jpg
北辺の菜の花・黄色の中を行きます




続きを読む


nice!(30)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行
前の20件 | -