So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

2019年プラチナウィークに行くヨーロッパ(その3) [やまびこ(旅日記)]

DSC00992.jpg
2019年プラチナウィークに行くヨーロッパ(その3)
渡り鳥ルートをたどって



4月26日(続き)

昼前、ホテルを出て中央駅に向かいます。

DSC00764.jpg
中央駅の大ドーム
驚くべきことにドーム部分の骨格は木材でできていました


昨日下見もしてあったのですが、ハンブルグ行きECの代行運転のバスの案内は立て看板、ポスターが何枚も掲示してあって、心配することもなくバス乗り場につくことができます。


DSC00763.jpg
Tugbussor=列車バス?でしょうか



列車だと11:35発のところ、バスは11:06と30分ほど、早めに発車します。実は、北のフレデリクシア経由でも時間的にはあまり変わらないのです。
11時前に乗り場に行くとすでに20人ほどの乗客が列を作っています。1台目のバスに荷物を積み込んで乗り込むと8割がたの乗客を乗せて、数分早発。2台目のバスもあったようです。

DSC00845.jpg
代行のチャーターバス


続きを読む


nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2019年プラチナウィークに行くヨーロッパ(その2) [やまびこ(旅日記)]

DSC00787.jpg
2019年プラチナウィークに行くヨーロッパ(その2)




<ひとこと>
 池袋、大津と悲惨な交通事故が起きてしまいました。こういう事故が起こるたびに思うのは、行き過ぎたクルマ社会と日本の交通弱者保護対策の貧弱さ。
交通事故対策にここ数十年で投じられた数十兆円の費用のもう幾分か多くを歩行者保護のための設備に投資できないものでしょうか。

それと同時に日本のクルマ社会の危うさを感じてしまいます。よく、ヨーロッパはクルマ社会で日本より自動車の交通分担率は低いのではないかと思われているようですが、現地(ドイツ)で感じるところ、亜幹線クラスの列車にもローカル線の列車にも日本よりはるかに多くの乗客が利用していて、決してそんなことはないなと感じています。

何か実感にあったデータはないかとネットを漁ったところダルムシュタット工科大学教授ハンス-ゲオルグ レツコ氏の論文「ドイツと日本の都市における 旅客輸送に関する交通機関選択の比較」という論文が目につきました。運輸政策研究誌の1998年の号に翻訳が掲載されていたのですが、(興味のある方はpdfをダウンロードしていただけるとよいと思います)5ページ目(P47)の図-5をご覧いただくと、大都市近郊では日本の方が公共交通負担率が高いものの、地方都市では日本の方がかなり公共交通の負担率が低い様子がわかります。
地方都市といっても人口80万人クラスの都市も含まれていて、仙台や広島クラスでしょうか。
要するに、ヨーロッパの方がクルマ社会が進んでいるというのは、東京という世界最大規模の都市圏での電車通勤が数値を押し下げているだけで、日本の全体ではとんでもなくクルマ社会が進んでいるというということ。(もうひとつ、東海道新幹線という莫大なビジネス需要を満たす鉄道の存在も影響していると思いますが)

そろそろ、クルマ優遇も見直してはいかがなどと個人的には思うのですが、古くは公共工事、今は日本最大の産業となったトヨタをはじめとする自動車産業への忖度がやまない日本では難しいでしょうか。せめて、横断歩道では停止してほしいんだけどなあ。


それはさておき、コペンハーゲンは歩行者よりもむしろ自転車にやさしい都市。何しろ国中まったいらですから、自転車が市民の日常の足となって、首都の道路にも自転車走行スペースが完璧に確保されています。


DSC00781.jpg
自転車レーンを高速で走行する自転車乗りのお姉さん


DSC00782.jpg
自動車侵入は完全に禁止です


バス停でもバスは車両レーン内で停車し、利用者は自転車レーンをクロスして乗り込みます。
これはこれでちょっと危ういですが、歩行者優先です。


続きを読む


nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2019年プラチナウィークに行くヨーロッパ(その1) [やまびこ(旅日記)]

DSC09534-2.jpg
2019年プラチナウィークに行くヨーロッパ(その1)



4月25日(木)

この連休、ヨーロッパに行ってきました。
目標はいろいろありますが、おいおいに明らかにしてゆきます。

さて、まず向かったのは北欧のコペンハーゲン。ここはちょこっと寄るだけになります。

HND(0120)ー[NH205]-(600)VIE
VIE(0715)ー[OS301]-(900)VIE

羽田から夜行便で出かけるのは初めてですが、これ便利だけど疲れます。
朝ヨーロッパについて一日起きているなんて結構大変。

コペンハーゲン市内の島にあるカストラップ空港に到着。中央駅とはSトークと呼ばれる国電や、別路線のUバーンでも市内中心部と結ばれる便利な場所。このSトークの路線は空港を越えて、海峡を渡ってデンマークのマルメまでつながっていて便利です。
が、掲示がわかりにくい。

まず、市内の24時間切符を買いますが、自動販売機で2枚買ったつもりなのに、レシートみたいなのと切符1枚が出てきました。
ありゃ、間違えて1枚しか買わなかったかな?
と思い、もう1枚買うと、今度はレシートが1枚・・・・・

レシートの端っこが乗車券になっているんですね。
ありゃ、こりゃあ間違えて3枚買ってしまいましたよ。というわけで、1500円ぐらいするので、係の人に払い戻してちょうだいというと、ここではできないので、確約はできないけど中央駅に行ってと、何やら不使用証明みたいなスタンプを押してくれました。

ここから先が難しいどうやら市街行きの電車は2番線から出るらしいのですが、相対式のホームのどちらが2番線なのか判然としない。行き先はいずれにしても聞いたことがない間にの名前のばかり。
行ったり来たりしてようやく、コパンハーゲン中心部のホテルに向かうことができました。


DSC00655.jpg
この顔の電車が特急にも郊外電車にも使われていてちょっとわかりにくい


有名なデンマーク国鉄DSBのIC3の顔ですが、3両ぐらいで1ユニットになっていて、連結するときは、真ん中の運転席部分ごと折りたたまれて貫通路になります。電車だけでなく、ディーゼルにもこの顔が大量進出しています。





続きを読む


nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

代々木八幡駅の可動ステップを見る [はつかり(鉄系)]

DSC00628.jpg
代々木八幡駅の可動ステップを見る



3月のダイヤ改正から小田急線の各駅停車の10両編成の運転が始まりました。
これまで8両までしか運転できないネックとなっていた、代々木八幡駅のホームですが、複々線化完成から約1年遅れて、ようやく10両対応の新ホームが完成したわけです。
この駅部は、小田原方の代々木上原で2面4線のうち内側の2線が東京メトロ千代田線として地下に潜ったのち、小田急小田原線の本線がカーブしながら次第に接近してくる部分に当たり、従来は上下線の相対式ホームがかなり離れて設置されていました。小田原側はすぐに踏切、新宿側も住宅やビルが迫っていて相対式のままでのホーム延長は不可能とは言わないまでもかなり困難だったものと推察されます。そのため、離れた上下線の間にくさびを打つ打ち込むような形で島式ホームを新設すると同時に駅舎を橋上化する工事が行われました。
このさい、新宿方面行きの上りホームは進行方向左に急カーブを切っているポイントに停車する必要が生じたため、電車とホームの間の間隔が大きくあくところがあり、珍しい可動式のステップが新設されたとのことですので、先日ちょこっと様子を見に行ってみました。

続きを読む


nice!(35)  コメント(4) 

みちのく「花めぐり」号撮影記(その3) [はつかり(鉄系)]

DSC09223.jpg
みちのく「花めぐり」号撮影記(その3)



4月14日

さて、2日目今日は貝田駅西側の俯瞰ポイントに行こうと思います。

貝田駅から旧線路跡をたどってゆくと貝田姥沢川橋梁跡の意向が整備されて看板が立っていました。ちょうどとおりかかった地元のお父さんの説明を聞いて、俯瞰ポイントに向かいます。


DSC00463.jpg
現役の南側の斜面を急勾配で上っていました




続きを読む


nice!(31)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

みちのく「花めぐり」号撮影記(その2) [はつかり(鉄系)]

DSC08957.jpg
みちのく「花めぐり」号撮影記(その2)



4月13日(続き)

昼間は2時間に1本しかない普通列車に乗って、越河の駅にやってきました。

越河まで来るとびっくり、週中に振った雪がわずかですがまだ残っています。これじゃあ、花が遅れるわけだ。

駅前のコンビニで昼食を買ってきて駅の待合室でいただきました。越河、知る人ぞ知る桜の駅で、ちょうど満開になったばかりの感じ。駅の北側少し行きますと素敵な枝垂れ桜がありました。

続きを読む


nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

恒例のみちのく「花めぐり」号 撮影記(その1) [はつかり(鉄系)]

DSC08404.jpg
恒例のみちのく「花めぐり」号 撮影記(その1)



仙台支社恒例の「花めぐり」号、今年は4月6日、7日に盛岡支社のイベント電車「ジパング」で、
13日、14日に電気機関車牽引の12系客車で仙台-郡山間で運転されました。

今年は例年の旧型客車による運転ではなかったのですが、ED75電気機関車もこの先どうなるかわからないので、今年も出かけてしまいました。旧型客車はJR東日本に7両存在しているのに対し、原形に近い営業用の12系客車は5両しか残っていないので、むしろ貴重性では勝るという意見もあり、せっかくの機会ですから出かけましょう。




続きを読む


nice!(25)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

甲斐路も花いっぱい [はつかり(鉄系)]

DSC05930.jpg
甲斐路も花いっぱい



4月6日 

早朝の勝沼に向かいます。

勝沼ぶどう郷駅周辺のソメイヨシノはほぼ満開の状況。
実は家の中で、桜と桃のどっちが先に咲くか論争しておったのですが、実地で見た結論は・・・・
木によって違う。でした。
おおむね、枝垂れ桜>白い桃の花>ソメイヨシノ>紅い桃の花 かと


それはさておき、まずはホーム先端で勾配を上ってくるE353系特急を記録します。
ホームの先端には、撮影者用の柵ができていました。
これはありがたいです。これなら運転手も安心ではないでしょうか。
この時間誰もいないので、ポジションフリーで「かいじ」を撮影できます。




続きを読む


nice!(31)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

春の伊豆(その3) [はつかり(鉄系)]

DSC07128.jpg
春の伊豆(3)



4月7日

最後のチャンスということで、伊豆北川に向かいます。
熱海から乗車から乗車した電車は、たまたまリゾート21の黒船電車。
今の時期だけグリーン車が連結された8両編成で運行されグリーン車も普通席同様に開放しているはず。と記憶をたどって5号車に行ってみるとグリーン車、まだ空きがありました。
海側の1人座席を45°傾けて海を眺めるとリゾート気分が盛り上がります。
リゾート21で一時話題になったトンネル内でのイルミネーションはやらないのかと思っていましたら、伊豆急線内に入っても始まらず、なぜか、伊豆高原を過ぎてから始まりました。


DSC06617.jpg
伊豆急ご自慢のイルミネーション
こりゃあ、なかなかいいですね


続きを読む


nice!(32)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

春の伊豆(その2) [はつかり(鉄系)]

DSC05606.jpg
春の伊豆(その2)
桜が咲いたヨ!



3月31日
静岡ディスティネーションキャンペーンの開幕に合わせて、臨時列車「静岡DCオープニング号」が185系電車で運転されます。
天気の回復の期待も込めて、185系電車が昼間に入るのは珍しい三島以西に行ってみようと思います。
三島-沼津間の黄瀬川橋梁。富士山バックの有名ポイントですが、どうでしょうか。
今のところ周辺の好天に反して、富士山だけに雲がかかっています。少しづつ雲が減って愛鷹山ぐらいまで見えるようになってきました。


続きを読む


nice!(32)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

春の伊豆(その1) [はつかり(鉄系)]

DSC03914.jpg
春の伊豆(その1)
春は菜の花



今年の桜はやきもきさせますねえ。
都内はかなり早い時期に満開になったようですが、神奈川の県央は先週末、ようやく満開になったようです。開花してから2週間近くかかったため、それまでは咲いている木とまだ咲いてない木が混在して、まだら模様のまま、一部の花が散り始めたりして心配しました。

この春、伊豆に甲斐にと桜を求めて出かけております。

第1弾は・・・
3月中旬、河津さくらには少し遅いかなあと思いつつ、伊豆の入り口に出かけておりました。


続きを読む


nice!(29)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

リアス線初乗りです [はつかり(鉄系)]

DSC00209.jpg
リアス線初乗りです



3月24日


いろいろな記念品を買ってしまいました、。無駄遣いだな~も。
さて24日、一般営業の開始される日です。三陸鉄道の釜石始発列車は6時2分ですが、この日は窓口は5時に開くということでしたので、5時半にホテルを出て駅にってみました。


というわけで、リアス線に乗ってみる


nice!(27)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

リアス線開業 [はつかり(鉄系)]

DSC04803-3.jpg
リアス線開業


3月23日


リアス線の開業日。といってもこの日は開業記念列車が4往復運行されるだけで、これらの列車は抽選で選ばれた方のみが乗車できるので実質的な開業日は翌24日になります。
記念列車は昼近くからしか動かないし、往復乗車しかできないようだったし、何より応募しても当たらないというわけで、今日は沿線で開業の様子を見守りたいと思います。
盛岡から宮古へのJR山田線の内陸区間、この区間の宮古行き始発は信じられないことに11時5分発の快速「リアス」。これではどうにもならないので、(まあこの日は臨時の全車指定「さんりくトレイン」が8:55発で運転されてはいたのですが)106急行バスで宮古に向かいます。1時間に1本以上走っている急行バスで、宮古まで2時間半ほどで結んでいます。盛岡の中心地からの乗車できるので7時前のこのバスをキャッチ。宮古に向かいます。

宮古に行ってみる


nice!(25)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

デーテン貨物が行く [やまびこ(旅日記)]

DSC04732.jpg
デーテン貨物が行く



3月2日

小牛田というかなり中途半端な場所に宿をとったのは、もちろん訳があります。
石巻線にはローカル線には珍しい貨物列車が定期列車だけでも6往復も運転されており、平日に当たる21日ならほとんどの列車が運転されているのではないかと期待したわけです。

これらの貨物は、基本的には石巻近くの石巻港にある日本製紙石巻工場から出荷される紙類を輸送するコンテナ列車です。これまで、国鉄型の入れ替え・ローカル線用のDE10型機関車、一部は軸重追加型のDE11で運行されてきましたが、そろそろDE10にも置き換えの時期が迫ってきているようで、昨年からローカル線用の新型電気式ディーゼル機関車のDD200の試作機901号機が試験的に使われてきていました。
貨物時刻表によるとこの3月の改正から、晴れて運用表に記載され、一日2往復の貨物列車をけん引するようになりました。といってもDD200は1両しかないので、検査の時などはDE10かDE11が代走するものと思われます。
このDD200、不思議なことにいまだに名古屋にある愛知機関区の所属となったままで、東仙台にある仙台総合鉄道部(いわゆる仙貨)に常駐し、仙台ー小牛田ー石巻港の区間で使われています。
このDD200の様子も観察しておきたいところです。

というわけで、石巻線に行ってみる


nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

白河の関を越えて [やまびこ(旅日記)]

DSC00035-2.jpg
白河の関を越えて



春休み(私じゃなくて、学生さん方の春休み期間てことね)の遠征は、三陸鉄道リアス線に乗車しにゆきました。


赤羽から旅はスタート。


DSC_3841.jpg
宇都宮行きのグリーン車をおごりました



続きを読む


nice!(28)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

速報!三陸鉄道・リアス線開業

DSC04803.jpg
速報!三陸鉄道・リアス線開業



東日本大震災で大きな被害を受けたJR東日本の山田線、宮古ー釜石間が8年の歳月を経て、復旧され第3セクターの三陸鉄道に移管されてリアス線として3月23日に開業しました。

3月23日には一般営業前の開業記念列車が4往復運転され、抽選で選ばれた地元の方やファンの皆さんが乗車。24日から一般の営業が行われました。

この機会、逃すわけにはいくまいとて飛び石連休を利用して、長駆岩手まで行ってまいりました。

23日、列車の運行は、宮古付近では12時から。
盛岡から10時過ぎに到着して駅付近で様子を伺います。芸能人も駆けつけてイベントが開催されていました。

三鉄グッズ専門店・三陸土産の店 さんてつやも店開きしていますが、お土産は今買うわけにもいきませんので、記念列車を記録しに行きましょう。

まずは、宮古-磯鶏間の長い橋梁で上下の記念初列車を記録しておきましょう。

宮古市内の第34閉伊川橋梁(34ですよ・・・・、三陸鉄道になったので名前が変わったかもしれませんが)に向かいます。


そこでキャッチした南行・釜石行きの開業記念初列車をトップに挙げておきます。思ったより地味なヘッドマークだけをつけていました。花列車のように飾るかともちょっと思っていたのですが。


DSC04803-2.jpg
盛-久慈間が一本につながったことを示しています


振り返りますと沿線の築堤に市民が集まって旗を振っています。


DSC04817.jpg



先行きを不安視する声も大きいのですが、末永く頑張ってほしいものです。


<詳細は後日>
nice!(32)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

養老鉄道・春爛漫 [はつかり(鉄系)]

DSC02901.jpg
養老鉄道・春爛漫



3月2日


昼過ぎ大垣についたやまびこ。
明るいうちの撮影は、養老鉄道の方が面白そうだったので、こちらを先にちょこっとのぞいてみます。養老線はもともと近鉄養老線でしたが、赤字から脱却できず、近鉄の子会社として養老鉄道を設立。地元の自治体が赤字の一部を負担する形での運行に移行されました。したものは現在は一般社団法人養老線管理機構の所有になっています。
現在使われているは、近鉄の各線で使用されていた車両かき集めて、標準機のものは狭軌に改造した近鉄顔の電車なのですが、車体の老朽化に対して、この春から元東急の7000系ステンレス車両への置き換えが始まるとされています。この機会に旧近鉄車の記録をしておこうと思います。

続きを読む


nice!(30)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

樽見鉄道 奥の方 初乗車 [はつかり(鉄系)]

DSC02894-2.jpg
樽見鉄道奥の方初乗車



京阪本線から大垣に向かいます。

守口市→東福寺→京都→米原と乗り継いで、ここでJR東海の「JR東海&私鉄16社乗り鉄☆たびきっぷ」を購入。熱海までの東海道本線と私鉄もほぼ全部乗ることができて8480円とは安い。(新幹線も特急券を買えば回数制限はありますが乗ることができます。)

途中近江八幡彦根の近江鉄道では廃車になったED14の姿を何両か見ることができました。(最近解体に向けて搬出された車体もあるようで残念ですわ~)

続きを読む


nice!(33)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

5-Doores [はつかり(鉄系)]

DSC02287.jpg
5-Doores



やまびこは85年に当時の国鉄全線の完乗を果たしたのですが、その後、ちびちびと民鉄の(普通鉄道のみですが)乗車キロを増やしていたのです。あと少し・・・・と思っておったのですが、ある日地図を見ていて気になりました。

岐阜県の樽見鉄道・・・あれっ!ここ延長されているじゃん!
当時の終点だった美濃神海まで乗車したのが82年3月でしたが、第3セクター化された後の89年、神海 - 樽見間が延長開業したのですが、この区間まだ乗車しておりませんでした。

というわけで、樽見鉄道乗車&撮影を企てたのですが、ここ1か所ではもったいない。もう一つどこか行きたい、と考えたときに、思いついたのが・・・「おけいはん」・・・


5扉車というと関東では東武-メトロ日比谷線に残っています(京王にもあったけど引退済み)が、関西では京阪の5000系。日本で最初の5扉車ですが、5000系はほかの車両とは違って、系列すべての車両が5扉車で、閑散時にはこのうち2つを締め切り扱いにして、そこにロングシートが天井からk下降してくる機構が装備されていることで知られています。この5000系が、京阪でも導入されることになったホームドアに対応できないということで、2年後までに引退することが発表されています。実用本位のスタイル、嫌いじゃないのです。

続きを読む


nice!(24)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

裏高尾の梅林を行く [はつかり(鉄系)]

DSC03684.jpg
裏高尾の梅林を行く



3月10日

裏高尾の梅林も見ごろになったと聞きましたので、高雄駅から高雄梅郷に行きました。
高尾からバスで蛇滝口へ。
荒井梅林からの撮影ポイントが有名ですが、反対側の山の斜面から屋並みを抜いて撮れそうな畑が1っか所だけあったのです。というわけで、高雄さん側の斜面に行ってみますと・・・・
なんということか!残った畑の大半に住宅地が造成されて見える長さが半分ぐらいになってしまいました。

続きを読む


nice!(22)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の20件 | -