So-net無料ブログ作成
検索選択
つばさ(空系) ブログトップ
前の10件 | -

B787 初搭乗の記 [つばさ(空系)]

DSC_7152a.jpg
B787 初搭乗の記
最新鋭機で岡山・広島へ


11月1日から世界で初めて、国内線に就航した全日空のB787。

すでに、多くの方がレポートされていますが、やまびこもこの週末、羽田-岡山線、広島-羽田線で往復してきました。
そう、やまびこは乗り空派でもあるのでした。

全日空が50機もの大量発注でキックオフカスタマーになったものの開発・生産開始が遅れ3年も待たされたのはご存知の通り。ANAのリスクを取る姿勢は素晴らしいのですが、これほど待たされるとは考えられなかったでしょう。
A380といい、B787といい、この世代の新型機は開発に苦戦しますねえ。前世代のB777やエアバスだったらA330、A340といったところが順調にいきすぎた面もあるのでしょうね。


続きを読む


nice!(8)  コメント(4) 

スカイカウチ? [つばさ(空系)]

先進的なフルフラットシートのビジネスクラスで知られるエアーニュージーランドからのプレス発表


エコにミークラスでフルフラットシートを実現!

って、えっ?えっ??えっ???

本当ですかい?


「当社CEOは・・・・・・・国際線長距離路線のサービス水準をさらに引き上げ、競合他社の見本となりうる新たなスタンダードを確立すべく、以下のように宣言いたしました。」

「エコノミークラスのお客様が、横になりたいと思いながら眠る日々は終わります。今、夢が現実となったのです。」

って、すごい自信。

そんでもって、ちょこっとだけ公開されていた写真がこれ↓
c3Photo4.jpg

???

ちょっとわかりにくいですが、どうやらレッグレスト部分が水平まで持ち上がって、座面と合わせて、ベッド状のフルフラット状態になる模様。う!これをフルフラットシートと呼んでいいものか?
うんとすいているときには3列独占して寝て行ったこともありますがねえ。

なんでも、B777エコノミークラスの客室の左右窓側前方から11列分を使い、計22セットが用意され、料金は大人2人で使う場合、おおむね2.5人分の料金となる見込み。とのことです。

う~ん、カップルで使うにはかなり恥ずかしいし、男2人だったらちょっとやばそう。親子だったらちょうどいいけど、お値段が・・・・・  ということになりそうな気もします。隣の中央列は普通の3列座席なわけだし。

結局、すいているとき限定で、上級クラス会員か、正規運賃に近い料金でのる乗客向けのサービスになりそう。
(でも知らない人と一緒ではちょっと)

いつの日か、安全基準が緩和されて、カプセルホテル風の寝台飛行機でもできることを期待したいと思います。
中国には、寝台バスがあることだし。




nice!(4)  コメント(4) 

B787ついに初テスト飛行! [つばさ(空系)]

航空機ファンにビッグなクリスマスプレゼント。
開発が延び延びになっていたボーイング787、ようやく初飛行までこぎつけました。

bmhu.jpg


ところで、このニュースをつたえる全日空のWebサイトの記事ですが、
「B787ついに初テスト飛行!映像配信中 」

ついに・・・・って、ようやくとかやっとっていう意味ですよね。

のどから手が出るほど待ち焦がれているのは、よ~くわかるんですけど。全日空ってワーキングトゥギャザーをやっていて、ボーイングのお仲間じゃないですか。それがこの表現はないよな、って思うわけです。
しかし、待ち焦がれて待ち焦がれて、担当者の筆も滑ったという感じでしょうか。

いっぽうの日本航空は「ボーイング787がファーストフライトを実施!」と普通の表現です。


ところで、
今年も残りわずか、1年間つたない文章を読んでいただいてありがとうございます。
明日より、しばらく旅に出ます。
途中でアップできるといいのですが、しばらく間があくことをお許しください。
nice!(2)  コメント(1) 

ジョー・サッター著 『747 ジャンボをつくった男』 [つばさ(空系)]


747 ジャンボをつくった男

747 ジャンボをつくった男

  • 作者: ジョー・サッター
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2008/03/13
  • メディア: 単行本



ボーイング社でジャンボジェットの開発のリーダーを務めたジョー・サッター氏の自伝とも言うべき開発物語。シアトルで生まれ、ボーイング社が開発した新しい飛行機が次々と飛び立ってゆくのを見て、飛行機のとりこになってしまった少年。これがサッターだった。そして、戦後のジェット爆撃機、初の本格的ジェット旅客機707の設計の経験を経て、747の開発リーダーに指名される。
松浦晋也氏が解説で述べているように、本当に「うらやましい人生」である。大きな産業が勃興してくるときにその只中にいて、拡大してゆく事業を推進し、それが自分の趣味に合っている(好きな道)とは。
これからの時代の速さでは、産業の成長力も、人生ほど長続きしそうもないかもしれないし。
それにしても、衰退産業にかかわる趣味ではどうもならんな。はぁ

nice!(0)  コメント(0) 

エアバスA380に乗りたい [つばさ(空系)]

昨年10月、シンガポール航空に就航したA380関連の書籍2題。

杉浦一機さん「超巨大旅客機エアバスA380」

巨人機たちの歴史から技術面・経済面を中心にA380wo解説。

秋本俊二さん「エアバスA380まるごと解説」

こちらはカラー写真を多用し、技術面からの解説ばかりでなく、運行するシンガポール航空の準備や初フライトのルポなど、親しみやすい内容。ますます乗ってみたくなりました。

このA380が、5月20日日本にもやってくることになりました。このフライトのビジネスクラスを利用する豪華ツアーも発売されているようですが、エコノミークラスでいいから乗ってみたい~。ニューボを説得できっこないないしなぁ。
次に運行するカタール航空やカンタスで、どのようなシートやサービスが提供されるか、楽しみは広がりました。
nice!(0)  コメント(0) 

『みんなが知りたい旅客機の疑問50』 [つばさ(空系)]


初心者向け科学解説書としては、結構良くできているソフトバンク・クリエーティブのサイエンス・アイ新書の一つ。内容はすべて知っていることばかりで新しい発見はなかったのですが、ページ隅の漫画が面白かった。ページをぱらぱらとやると飛行機が飛び立ってゆくように見える。中学校のときに誰もが書き込んだあれです。

後半は、なんとマーシャラー(飛行機をスポットに誘導する人)の動きになっていました。芸が細かい!

 


nice!(0)  コメント(0) 

ANA時刻表リニューアル? [つばさ(空系)]

全日空が時刻表のリニューアルをするんだそうだ。航空会社がただで配っている紙のやつです。(Webやケータイしか使わないよという人もいると思いますが、そういう方はどうでもいい情報でしょうが)
これです。

改変の内容はというと
(1)ダイヤ・運賃をわかりやすく
  「従来のダイヤ表記を、全ての空港からの路線検索や乗継便の検索が容易な双方向ダイヤ表記に変更いたします。」
とのこと、何のことはない、以前の方式に戻るだけの話です。いまの片方向表記?(というのかな)はきわめて探しにくい。東京発の場合はまだしも、名古屋-函館間なんてのを一発で探せる人はそうはいないでしょう。
もう一つ、HPのサンプルを見ると東京発着便のページの東京-大阪のつぎに東京-サッポロが書いてあります。ということは、現在と同じで、幹線特別扱いを続けるってことですよね。つまり、幹線が何かを覚えていないとなかなか使いにくいってことになりそうです。なぜかというとJALの時刻表では東京発の幹線の最後に東京-沖縄(那覇)が出てくるんですが、全日空時刻表では東京-沖縄(那覇)は一般路線の扱いなので、最後のほうに出てきています。このくらいは両社で統一してくれてもいいのではないでしょうか?
(JALのほうは今でも双方向表記になっているので、この点では見やすいですが、掲載の順番が、東京発、大阪発ときて次は札幌発、女満別発と概ね北から順番となっており、札幌・福岡・沖縄発の扱いははダブルスタンダードになっています。まあ、これでもこちらのほうが見やすい。)

(2)「シンプルガイド」ページを新設・各種ご案内をわかりやすく掲載
こちらは実際に手にとって見てから判断したいと思いますが、楽しいページができるといいですね。

もうひとつ、ぜひ記載してほしいのが、各空港の3レターコードなのであります。記録をつけているのでぜひよろしくお願いします。その場で確認したいのです。


nice!(0)  コメント(0) 

B787ついに納入延期 [つばさ(空系)]

ついにボーイング社がB787Dream linerの初号機納入を6ヶ月延期すると発表しました。(日本語のホームページにもアップされていますね。この点は良心的か)まあ、ロールアウト時から、そんなにうまく行くわけがないと思っていたし、初飛行もぜんぜん行われる気配がないので、もう物理的に来年5月の納入は不可能だとわかっていたわけですが。なんでも機体の連結部品の製造が遅れているとか言うことが以前より伝えられていました。また初号機は1,2トンのレベルではなく重量が、設計重量をオーバーしているそうです。ここからは、つばさの予測ですが、半年にとどまらず、最終的には1年以上の遅れになるのではないでしょうか。もしくは、最初の数機は何とか性能不十分のまま出荷されるものの、完全品になるにはさらに2,3年かかるとか。

世界最初のユーザーになる全日空のホームページには、今日の昼時点ではノー天気に、08年7月路線投入って書いてありましたけど、何時訂正されるのでしょうかね。もちろん、全日空にはかなり前に情報が伝えられていたと思いますから、その後も漫然とB787のページを更新していたのはちょっとまずいんではないかな。(直近の更新は10/5でした。)

さて、それよりも10月25日から飛び始めるシンガポール航空のA380。こちらも1年遅れになりましたが、ようやく就航にこぎつけました。つばさは初飛行のオークションに応募する財力はないけれど、今回発表されたJTBのA380便を組み込んだツアーが発表されました。JTBデジタルカタログ(ひらいて10/10発表文を探してください)
今現在の興味はこちらであります。


MRJ & A380 [つばさ(空系)]

三菱重工が来週開催されるパリ航空ショーに次世代のリージョナルジェット機 MRJ のもくアップを出展すると正式に発表しました。YS-11以来本当に久しぶりの国産旅客機の開発が正式にスタートするかどうか、注目しています。当面のライバルはボンバルディアとエンブラエルということになるのでしょうが、ゼロからのスタートとなる営業・販売・サービスなど障壁は高いと思いますがなんとか、がんばってほしいものです。
三菱重工ホームページより

さて、先週2度目の来日をしたエアバスA380のマスコミ取材で、詳細が公開されているホームページがありましたのでご紹介します。
http://www.travelvision.jp/html/photo/pnews013/index.html
このサイズになるとまさに船って感じですね。とくにトイレは広すぎ。このサイズで運用する航空会社があるかどうかわかりませんが、これなら閉所恐怖症の人も大丈夫ですね。来年か、再来年にはシンガポール航空か、エールフランスでぜひ、ビジネスクラスに乗ってみたいものです。貯金しよ~。
それまではこれでも↓


東洋経済航空特集を読んで [つばさ(空系)]

先週の東洋経済の特集「世界で一番信頼できるエアライン」はなかなか読み応えのある内容でした。
まず、エア・トランスポート・ワールド誌によるNo1エアラインに全日空が選ばれたとのニュース。B787の大量発注に対する評価が相当高いのではということです。機勝ち手見れば全日空がキックオフカスタマーのこの機材2008年5月には就航と書いてありますが、本当でしょうか?ローンチからたった4年で路線就航までいけますかねえ?うたいもんく通りの経済性もまだわかりませんもんねぇ。
さて、次は世界のLCC(Low Cost Carrier)の話。香港ーロンドン1万円台なんて、長距離路線のLCCも始まっているらしい。日本では首都圏に第3空港ができないでしょうから無理な相談でしょう。厚木基地か横田基地を使わせてくれても、どうでしょうか?そもそも、首都圏にグリーンベルトを作る計画が、周辺農民の反対で頓挫した時点でもはや、こういう運命は決まってしまったように感じます。そして関空も、中部もハブ空港としては失敗しているという現実。まあ、日本にハブ空港を作らなければ
日本が停滞するという理論は、必ずしも正しくはないと思いますが・・・(観光旅行客は値段が上がってしまうかもしれませんが)
目下の注目は、日本の航空会社がA380を発注するかどうかです。今のところ、JAL、ANAとも静観の構えですが、ルフトハンザやエールフランスがA380を日本に飛ばしたときに、B777で対抗できるのかどうか?非常に疑問だと思います。ヨーロッパ路線だけ(多分、ロンドン、パリ、フランクフルトの3路線のみで十分)のために数機だけ、好きではないエアバスの新型機を導入するかどうか。頭の痛いことでしょう。
(まだよく読んでないので今日はここまで)


前の10件 | - つばさ(空系) ブログトップ