So-net無料ブログ作成

583系東上! [はつかり(鉄系)]

DSC_9109.jpg
583系東上!
2012.7.31 天理臨来る@東海道本線・石橋
(↑この写真クリックで拡大)



昨日から今日にかけて、秋田の583系が東海道本線を東上してきました。
平日の早朝に撮り鉄に出かけるのはいかがなものかと思いますが、小田原の温泉施設で仮眠後、石橋に出かけてしまいました。
(オリンピック観戦、特に昨夜は野獣松本の活躍で会社でも眠そうな人が多かったので目立たない。・・・)

このところの好天にもかかわらず5時前には厚い雲が垂れこめていたのですが、5時過ぎ、幸いなことに雲の切れ間から朝日が差し込んできました。かろうじて583系通過時には柔らかい朝日があたってくれました。

宗教団体の臨時列車ですが、京都からTDLを目指すとは面白い行程です。

思い起こせば1年前、静岡県内を震源とする地震で上り下りとも大幅な遅れで、「ムーンライトながら」、SRC、サンライズ、無尽蔵とも思える貨物列車を撮影しましたが、今日はそのようなことはなく、この後、会社に向かうことができました。



nice!(19)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今日の1枚 [はつかり(鉄系)]

DSC_8918.jpg
今日の1枚
2012.7.28小田急線のトラス橋をゆく


トラスの内側を撮れる場所は少ないとあおたけさんにコメントをいただきました。
ん~、小田急線の相模川でも撮れるんじゃないの?と思いまして、さっそく厚木駅のホームに出かけてみました。

400mm以上の長玉をつければ何とかなりそうです。
(写真はAPS-C+300mm)

実はホーム先端からの撮影になるのですが、先客がいたため、一歩後ろからの撮影で、ローポジションがとれず、トラスの高さが写せいていません。それに下り線の信号機が写り込んでしまいました。

厚木駅(海老名市にあるというのは有名な話)と相模川鉄橋の間には、相模縦貫自動車道の高架道路が工事中でして間もなく、桁を渡す工事が行われると思われますが、この構図は今後とも撮れそうな構図です。

やってきたのはF-TrainⅡの3093F。
車体の色が1両ずつ変えてあるのがよくわかります。




nice!(17)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「SLふくしま復興号」試運転撮影記(4) [はつかり(鉄系)]

DSC_8886.jpg
「SLふくしま復興号」試運転撮影記(4)
2012.7.22 ELSLふくしま復興号


たどり着いたのは、安達-松川間の県道の跨線橋。
東北本線がたすきがけ線増された区間で、掘割状になった上り線と一段高い下り線を一気にわたっています。

続きを読む


nice!(21)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「SLふくしま復興号」試運転撮影記(3) [はつかり(鉄系)]

DSC_8787a.jpg
「SLふくしま復興号」試運転撮影記(3)
2012.7.22  金谷川の谷をゆく



2日目

今日は煙にこだわらず、追っかけに入ろうと思います。
本宮の停車時間が長いので、最初は、本宮の手前。

本宮駅南側の跨線橋のところに行ってみました。
五百川から下ってくる線路がゆったりとカーブしています。

時間が近づくと地元のおじさんおばさんが誘い合って集まってきます。



続きを読む


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「SLふくしま復興号」試運転撮影記(2) [はつかり(鉄系)]

DSC_8690.jpg
「SLふくしま復興号」試運転撮影記(2)
2012.7.21 東北本線 松川事件の里をめぐる



杉田での撮影後、SLの追っかけは置いておいて、帰りの「ELSLふくしま復興号」を押さえようと松川に向かいました。

杉田(1126)-[1137M]-(1139)松川

東北本線の上りというと、南福島の大カーブとか、金谷川の橋梁が有名ですが、今日あたりはものすごい人出だろうなあ。そこで、松川付近でいいポイントを探してみようと思います。





続きを読む


nice!(22)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「SLふくしま復興号」試運転撮影記(1) [はつかり(鉄系)]

DSC_8579.jpg
「SLふくしま復興号」試運転撮影記
2012.7.21 東北本線 本宮-杉田



この7月、東北本線の福島県内で、C61を使った「SLふくしま復興号」が運転されます。
郡山-福島間をSL牽引の旧型客車で運転、帰路はED75の牽引ですが、この区間での蒸気機関車運転は40数年ぶりということで、山の中を走る区間も多く、これは見逃せません。
本運転は7月28日、29日。25日、26日は被災地の子供たちの招待日となっていて、21日(土)から試運転が行われるとのことでした。

なにをかくそうやまびこは福島生まれ。
小学校入学前には引っ越ししてしまいましたので、東北本線の列車に当時乗った記憶はほとんどなく、南福島駅が信号場から駅に昇格した時にちょうちん行列があったのがかすかに記憶に残っています。
この区間はたしか1960年と東北本線でも早い時期に電化されていますので、SLの記憶というと、その後、祖父母のところに帰省した折、たまたま福島駅で入れ替えのC11かC12が動いているのをちらっと見たくらいです。

というわけで、先週末、試運転を撮影しに、郡山-福島間に遠征してきました。
試運転のほうがすいているだろうし、ヘッドマークのないほうが断然好きなもので。
”くりこま”号を担いでレッツ・ゴー!

郡山に行ってみましょう。


nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

せっかく、平泉に行ったので・・・ [やまびこ(旅日記)]

DSC_8416.jpg
中尊寺にも行ってみました
2012.7.15 中尊寺の緑にいやされる



中尊寺には4回ぐらい来たことがあったのですが、久しぶりにのぞいてみることにしました。
ややさびれかけた感のあった参道入り口付近の土産物屋街ですが、すっかり様変わりして、大型ショップもたくさんできています。

団体さんに交じって、参道の坂道を上りましょう。

DSC_8398.jpg



DSC_8418.jpg
すがすがしい緑の中を



15分ほどで金色堂につきましたが、今日は金色堂ではなく、さらに奥の白山神社と能楽堂。


DSC_8415.jpg
絡み合った木の根が歴史をかたる



DSC_8411.jpg
すがすがしい緑の中にたたずむ能楽堂



DSC_8414.jpg
額縁の中の杉は千年もの



森林浴でリフレッシュ、帰り道、例の場所に行ってみました。


DSC_8427.jpg
東物見の展望台から衣川を見下ろして


下の樹木が成長してかなり見通しが悪くなってしまいましたが、いわれるほど悪いわけではないです。
やってきたのは、盛岡支社のリゾート列車「ジパング」編成。
長い貨物も見たかったのですが、時間が合わず、これにて下山しました。




nice!(16)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

復活!来た~!小田急 FトレインⅡ [はつかり(鉄系)]

DSC_8572.jpg
復活!来た~!小田急 FトレインⅡ



昨年、沿線ファンと子どもたちの圧倒的な支持を集めながら、東京都の(迷惑な)条例のおかげで、短命に終わってしまった小田急Fトレインが、FトレインⅡとして復活しました。
メデタシメデタシ!

今日から運用に入るということで、さっそく、出勤前に一目拝んでまいりました。
今回は、毎日の運用が時刻表入りで小田急ホームページに公開されるという力の入れ方。

今日はおあつらえむきの朝の時間に走ってくれましたので、カメラを持って行ってきました。
愛甲石田-本厚木間で快速急行をキャッチ!

先頭車はクハ3093、しっかり前回と同じ編成を使ってくれています。

新宿方の先頭車前面はほぼ前回と同じパターン。
車体側面積の10%以内に収めるためでしょう、側面はかなりおとなしくなっています。

DSC_8574.jpg


小田原方前面は・・・・
でっかいドラえもんがウィンクしていました。

nice!(20)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「DL&EL碓氷号」撮影記@多摩川 [はつかり(鉄系)]

DSC_8528.jpg
「DL&EL碓氷号」撮影記
2012.7.16 中央本線多摩川橋梁



15日、16日の2日間にわたって甲府-横川間の往復で運転された「EL&SL碓氷号」と「DL&EL碓氷号」
中央本線に客車列車が走ることは結構珍しいので、ぜひ1ショットと思っていましたが、
15日は東北に遠征しておりましたので、16日近場の多摩川でちょこっと撮影しました。


夏休みも近づいて、各地でイベントが開催されファンの方も取捨が大変ですね。

中央線の客車列車というと中学生の時に友達に誘われてEF13の引く客車列車にのったなあ。
これを思い出せと言っても難しいけれど、EF65もとっておきたい。

続きを読む


nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

平泉へ・485系撮影記(その2) [はつかり(鉄系)]

DSC_8364.jpg
平泉へ・485系撮影記(その2)
2012.7.15-16 平泉市街地撮影編



いったん、平泉町内に戻って昼食(そば)ののち、町中にあった温泉で休養。
平泉でも町中に温泉がわいているのです。
「世界遺産登録記念1周年」とかで、通常500円で3時間までのところ、無制限とか言っていましたが、3時間も入れる施設ではなく、なんだか変な気分。


続きを読む


nice!(15)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー