So-net無料ブログ作成
検索選択

東北本線(特急と貨物の動脈です) [はつかり(鉄系)]

土曜日は八戸-青森間でまだ撮影していないポイントを探してみました。

朝一番、車窓から気になっていた清水川駅東方の高速カーブを目指します。
東に向かう上り線が左カーブするところにおあつらえ向きの踏切があるのです。その付近には線路にそって道が伸びているように見えました。行ってみると、わずかにポイントがずれていて、道路沿いからがアウトカーブの好適地。しかし、この時期の東北本線のこと、草ぼうぼう。おまけに倒れかけた柵に草が絡まって大変。

ようやく、柵から乗り出して撮ったのが、これ↓
DSC_7557a.JPG
(画像クリックで拡大)

結論、夏は無理。





続きを読む


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

津軽鉄道開業80周年 [はつかり(鉄系)]

週末、八戸に行っておりました。  が、五所川原-津軽中里間の津軽鉄道で開業80周年記念イベントが開催されるという情報。車輌展示や客車列車の特別運行が行われるということでしたので、足を延ばしてしまいました。
イベントは土曜日と日曜日開催されたのですが、土曜日は東北本線、日曜日に、津軽鉄道に行ってみました。土日にわたって開催されたこのイベント、東京芸大の鉄道研究部の企画でおこなわれたもので、撮影会、客車列車、夜汽車の運行など多分に鉄道ファンを意識したものになっていました。

早朝、弘前から五所川原に移動します。五能線の列車には同業者が約20人。結構人気があるものだと思う。


最初のターゲットは、朝一で運転される復活貨物列車。かっては津軽鉄道でも混合列車が運転されていましたが、一般貨物の廃止後も、自社のディーゼルカーの燃料は津軽飯詰駅の施設を経由してタンクローリーで搬入され、五所川原構内にある機関区までタムで運びこむという形態が数年間続けられていたはずです。復活貨物列車は、五所川原からゆかりの津軽飯詰までわずか7.4Kmを往復します。

五所川原駅で記念フリー切符1500円を購入。こんなに乗らないけど、差額は寄付することにします。

スタンバイするDD352
DSC_7665.jpg

続きを読む


nice!(13)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

『こまち重ね弁当』  秋田駅   泉秋軒 [いなほ(駅弁風土記)]

『こまち重ね弁当』  秋田駅   泉秋軒   ¥1000   (7/3 秋田駅 KIOSKにて購入)

DSC09078.jpg

あきたこまちをメインに打ち出したお弁当です。
おかずはいまひとつ、特徴が足りないように感じました。

DSC09079.jpg

DSC09081.jpg
nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

『あきたの宿 おかみ弁当』  秋田駅  関根屋 [いなほ(駅弁風土記)]

『あきたの宿 おかみ弁当』  秋田駅  関根屋  ¥1100  (7/3 秋田駅KIOSKで購入)

おかみシリーズの弁当が流行ってます。

DSC09072.jpg

秋田名物を少しずつ盛り合わせた、女将さんの優しい気持ちが伝わってくるようです。
秋田音頭に唄われた名物ばかりでなく、新しい特産品もいっぱいです。

DSC09074.jpg

いぶりがっこ、ふき、さけ、牛肉、

DSC09077.jpg

やまめ、アスパラの牛肉巻き、ご飯もおいしい。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『潮騒 三陸あわび弁当』  一ノ関駅   [いなほ(駅弁風土記)]

少し古いデータですが、

『潮騒 三陸あわび弁当』  一ノ関駅  あべちう  ¥1300 (7/2 東京駅駅弁屋で購入)


秋田に向かうときにいただきました。

DSC09067.jpg

DSC09068.jpg

うまそうです。

メインはアワビの蒸し物?(焼き物じゃないですよね)
銀杏と比べると小ささがわかりますが・・・・
DSC09070.jpg


クルミを散らしたおこわもいけます。
DSC09069.jpg
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

反戦映画!? 『キャタピラー』  (★★★☆☆) [あおば(映画)]

久しぶりに映画のお話

若松孝二監督の作品。主演の寺島しのぶがカンヌで主演女優賞を獲得したことで話題になりました。

戦場から肉の塊のようになって戻ってきた夫、久蔵(大西信満 )を世話し続けなくてはならなくなったシゲ子(寺島しのぶ)。最初はいやいや世話をしていたシゲ子だが、なぜか2人の間には不思議な安定が生じてくる。

生ける軍神としてあがめられる久蔵。2人の間のバランスは次第にシゲ子に偏ってくる。そして敗戦。軍神の存在意義はなくなるのであった。


日本では73年に公開された「ジョニーは戦場に行った」と類似したプロットとなっています。
反戦の主張の描き方としてはいろいろな意見があろうが、シゲ子の生きる田舎の風景がせめてもの救いとなりました。
336110view004.jpg

人工物の見当たらない農村風景ほど心を休められるものはない今日この頃です。
nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:映画

『大井川ふるさと弁当』  大鉄フーズ  金谷駅   [いなほ(駅弁風土記)]

大井川鉄道名物のSL弁当の一種だと思います。

『大井川ふるさと弁当』  大鉄フーズ  金谷駅   ¥950  (8/21 金谷駅売店にて)
DSC_7459.jpg

この日の売店ではこの一種類しか置いてありませんでしたが、SL列車の車内販売は何種類かあるようです。

SLの絵葉書付きです。
DSC_7462.jpg

特大のおにぎりが2個。おかずいっぱい。
桜エビの佃煮。やまめの甘露煮も入っています。うまかったです。

DSC_7464.jpg

おにぎりの弁当にしては950円と高めですが、おにぎりの大きさとおかずで納得してしまいました。
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

大井川鉄道訪問 [はつかり(鉄系)]

大井川鉄道のC56のタイ国鉄仕様がこの8月でおしまいになるとどこかで聞いたので、一度ぐらい撮っておこうかと、この土曜日に出かけてみました。
とくに蒸気機関車に興味があるというタイプではないので、なんと25年ぶりの訪問になります。

金谷から元近鉄の16000系電車に乗り、終点手前の崎平まで。すでにない在来車両で開いた窓から風を取り入れるというのも、ローカル線らしくてよいですが、今日のような蒸し暑さでは冷房があるのがありがたいですね。

今日はSLが2往復運転の日なので、崎平駅前後の鉄橋でゲットしようという作戦です。
曇っていたので、光線を気にせず、最初のC56編成は長いほうの大井川第3橋梁へ行ってみます。

小手調べに16000系電車
DSC_7468.JPG

今日は16000系が3編成。元京阪の3000系が1編成運用に入っているようでした。



続きを読む


nice!(11)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

『青森シャモロック弁当』  弘前駅  秋田屋 [いなほ(駅弁風土記)]

まだまだ続く”津軽弁”

『青森シャモロック弁当』  弘前駅  秋田屋   ¥1000  (7/31  弘前駅コンコースにて)

DSC09759.jpg

青森畜産試験場が開発した青森の地鶏、青森シャモロックを使ったお弁当。
生産量が少ないせいか、ほとんど関東地方には出回っていないようですが、地鶏ファンにとってはうれしいお弁当です。

DSC09761.jpg

DSC09762.jpg

肉は濃厚で、フォアグラのような旨さがあじわえます。
値段が高いのでしょうか、意外に少なめで、もっと食べたくなること必至。
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『白神弁当』  弘前駅   大和屋   [いなほ(駅弁風土記)]

青森駅弁シリーズに戻ります。

”津軽弁”シリーズの一つ。

『白神弁当』  弘前駅   大和屋   ¥900  (7/31 弘前駅コンコースにて購入)
DSC09751.jpg

ねぷたの時期となり弘前駅のコンコースに机を並べて津軽娘さんたちが”津軽弁”を売りまくっていました。
7~8種類販売していたようです。


山菜を中心に白神の山の幸を詰め込んだ。
DSC09754.jpg

ぷりっぷりの鶏肉は比内地鶏です。
タケノコ、ゼンマイ、シメジなど。

めずらしいミズコブも入っています。ミズの地上部にできるむかごのようなもの。
こりこりしておいしいものです。

DSC09755.jpg

この弁当、以前紹介した”津軽弁”のリストには上がっていませんでした。
どんどん増えるか”津軽弁”



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理