So-net無料ブログ作成
検索選択

『火焔 釜めし』  長岡駅  池田屋 [いなほ(駅弁風土記)]

『火焔 釜めし』  長岡駅  池田屋   ¥800   3/20 長岡駅 Newdays

オーソドックスな釜めし風味付けご飯

DSC08639.jpg

DSC08640.jpg

新潟の駅弁に入っている鮭の切り身はどれも大きくざっくり切り分けてありますね。
新津の焼き付け弁当のような切り方がこの地域伝統なのでしょうか。

牛肉の味付けも結構でした。
銀杏の実が3個入っているのもうれしい。


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

血は人間の欲望の象徴か   『渇き』    (★★★★☆) [あおば(映画)]

敬虔な神父だったサンヒョン(ソン・ガンホ)は日常の神への奉仕に飽き足りなさを感じたゆえか、
エマニエル研究所で行われている、全身に水泡が生じ血を吐いて最後には死に至るという
凶悪な感染症のワクチン開発の人体実験にボランティアを申し出た。
人体実験の結果、500人中ただ一人生き残り、教会に戻ってきた神父のもとには
奇跡を成し遂げた聖人を慕うかのように不治の病に貸された信者たちが集まるようになった。
しかし、回復したかのように見えたサンヒョンは、この感染症ワクチンによって、
人間の血を飲まないと症状の再発するバンパイアになってしまっていたのだ。

難病の患者たちに最後の祈りをささげに行く、教会付属の病院で、植物状態の
患者の輸血用血液をすすり、盲目の師匠の手首からも血をもらい、挙句、集まってきた
信者たちの中の自殺志願者からも血を提供されていたサンヒョンだが、だんだん、
血をほしがる頻度が高くなってくる。
こんなとき、幼馴染の友人ガンウに再会する。ガンウはがんに侵されていた。ガンウの妻テジュ
(キム・オクビン)は幼いころに実の両親を失い、ガンウの母親に引き取られて育てられ、
そのまま妻となっっていたが、妻とは名ばかりで、実のところ、家の仕事とガンウの世話をする
家政婦として家に縛り付けられ虐げられている毎日だった。ストレスがたまるとはだしで
夜毎に徘徊するテジュ。
互いに惹かれあってゆくサンヒョンとテジュ。2人が結ばれるのに時間はかからなかった。
サンヒョンが感じていたのは救いなのか、愛なのか、欲望なのか、本能なのか。
彼らの渇きを癒してくれるものはあるのか?

335126view004.jpg

当然テジュも感染症に感染し、血をほしがるようになってしまう。サンヒョンはかろうじて
人を殺して生血を確保することを自制していたが、テジュにはそんなことはできない。
ついに義母と夫を殺すことを計画するテジュ・・・・。友人たちが集まってマージャンをする日に
事件は起こるのだ。

赤い血に対するこだわり、それと分かつことのできない性への欲望、他者に必要とされる
ことへの欲望、対極なる自由への欲望、こういった人間が本能的に持っている欲望は、
渾然一体となって誰の心の中にもある。理性がそれを整理し、袋をかけ、時にはあらわにする。
どこまでそれをコントロールするか、それはあなた・私のこころしだいだ。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

桜はまだ遠い  [はつかり(鉄系)]

寒い週末でした。

が、土曜日、南の方ならもう桜が咲いているかなあ、と思いまして出かけました。

まずは、根府川付近で予行演習。

東海道に残るブルートレインってところですか!
DSC_4329.jpg
このあたりも桜がたくさんあるのですが、まだまだです。



続きを読む


nice!(7)  コメント(0) 

駅弁本線北陸本線の 『かに寿司』  加賀温泉駅 高野商店  [いなほ(駅弁風土記)]

『かにすし』  加賀温泉駅 高野商店 ¥1000  (2/28 金沢駅構内売店にて)

DSC08592.jpg

伝統的なかにすしです。

DSC08593.jpg

カニの身がぎっしり。切り方が不ぞろいなところも手作りっぽくていいですね。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

まだまだ続く駅弁本線  『鯛の稲荷手箱』  加賀温泉駅  高野商店 [いなほ(駅弁風土記)]

『鯛の稲荷手箱』  加賀温泉駅  高野商店  ¥900  (2/28 金沢駅コンコース売店)

DSC08565.jpg

味をしみ込ませた油揚げに鯛めしを詰めて、小鯛を煮付けたものを添えた味な弁当。
山椒の葉っぱがアクセントになっています。
小鯛というと寿しが多いという印象なのですが、これはほんのり甘辛い鯛飯。

DSC08567.jpg

アイデアも見た目も味も秀逸です。
海の幸をいろいろな調理法で味あわせてくれるとうれしいですね。
nice!(2)  コメント(2) 

東北新幹線愛称募集 [はつかり(鉄系)]

JR東日本が東北新幹線の愛称を募集しています。

よく読むと、新青森開業時の愛称募集ではなく、あくまでも新型新幹線E5系の新幹線列車の愛称なのですね。

当然ながら、公募の一番人気は”はつかり”になるのでしょう。

なんといっても、最初の東北特急であり、北へ向かう列車としてはぴったりです。


とはいえ、JRとしては新しいイメージも出したいだろうし、どうなるか見ものです。

”つばめ”と”さくら”を九州にとられてしまったので”ふじ”ってのはどうだろうか。

東北新幹線からも赤羽-大宮間で”富士山”がよく見えるし、盛岡では”南部片富士”こと岩手山、終点新青森では”津軽富士”とよばれる岩木山が迎えてくれることでしょう。

それに、青森といえばりんご、りんごの主力品種と言えば”ふじ”ですよ。
したがって、ひらがなで”ふじ”でなくてはいけません。

E2系の方だったら、いまの車体のエンブレムをそのまま使えるんだけど。
e2ja.jpg

E5系のほうを”はつかり”か”はやて”、E2系のほうを”ふじ”ってのもありか・・・・


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

伊豆急ウォーク(6回目) 急げやゴールへ(その2)  [やまびこ(旅日記)]

3月22日の後半

お腹もいっぱいになりましたので行動再開。ですが、
昨年撮影に来た時に草ぼうぼうで入れなかった、片瀬白田駅南の通称“赤鳥居”のポイントが除草されて入れるようになっていたようでしたので、ちょっと覗いてみました。

どなたが整備してくれたのか、きれいに草が刈られていましたので、ちょっと寄り道を

黒船電車が来ました。
DSC_4265.jpg

ヘッドマークがこれまでと違います。
DSC_4265a.jpg
「飛翔 下田龍馬伝」となっています。なんでも龍馬ですね。





続きを読む


nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

伊豆急ウォーク(6回目) 上りコース再開編(その1) [やまびこ(旅日記)]

先月の下りコース、ゴールインに続いて、昨年10月に1回だけ味見した上りコースを再開しました。

天気も回復した、3連休の最終日、伊豆急今井浜駅からスタートします。

今井浜駅からいったん海に沿って北上、見高神社の丘に登ってから山に入ってゆきました。

ちょうど、入り江を走る伊豆急電車が来ましたのでパチリ。

DSC_4225.jpg

春の伊豆らしい、淡い緑色にあふれております。




続きを読む


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

信越本線、春です。 [はつかり(鉄系)]

昨日、天気も上々の予報でしたので、再び新潟県下に出かけてみました。
向かったのは信越本線の見附-帯織間。先週の越後湯沢は大雪が残っていましたが、長岡の先はどうでしょうか。

前夜のムーンライトえちごで新潟入りしました。
大宮の183系電車は車内減光スイッチがないみたいで、煌々と照明をつけて走る。座席も簡易リクライニングにロック機構をつけただけのものなので、サービスダウンだぞ。見附駅に早朝4時過ぎ到着。次の電車で帯織まで行くかと思ったんだけど、ロケハンしながら歩いていくことに。

真っ暗な夜道を歩いてゆくが、暗くて地図が見えないよ~。
なんとか5時前に帯織駅よりの有名ポイントに着きました。
この区間、地図で見ると10Kmほど続く直線区間。はるかかなたから列車がぶっ飛ばしてくるところです。

さて、早朝から写真撮影に励みます。

まだ真っ暗な中、貨物列車がやってきました。
DSC_4127.jpg
(露出不足でノイズだらけですが・・・)
2092列車。秋田からやってきて上越線に入る列車です。上越線用のEH200が新潟まで迎えに行く運用です。








続きを読む


nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

『能登たべまっし』  加賀温泉駅   高野商店 [いなほ(駅弁風土記)]

『能登たべまっし』  加賀温泉駅   高野商店   ¥980  (3/1 加賀温泉駅KIOSK)

加賀温泉の高野商店のボリューム満点の味付け海鮮丼

DSC08569.jpg
「雷鳥」号の中でいただきました。

DSC08570.jpg

DSC08571.jpg
ぶりの照り焼きの厚みに感激!甘エビのから揚げも大きいです。
ズワイガニに中島菜というローカルの野菜のからし和え。ご飯はスルメイカの炊き込みご飯だそうです。

納得のお弁当でした。


nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理