So-net無料ブログ作成
検索選択

中年18きっぷ撮影行(その2 3月29日) [はつかり(鉄系)]

早朝、駅に行ってカシオペアと北斗星を撮りに行こうかと思ったが、寒さがぶり返してきてホテルの窓から眺めるのがやっと。
7時前にチェックアウトして、駅構内のマクドナルドでコーヒーを調達。7時20分過ぎの電車で貝田に向かう。貝田駅の手前のS字カーブでカメラを構えている人1名発見。

山峡の静かな貝田駅で下車。さっそく上りの貨物列車が通過してゆく。コンデジでパチリ。
DSC06100.jpg

いい雰囲気ですねえ。

駅を出て、先ほどのポイントへ。
数分で、神社の裏のポイントへ。先に来ていたのは青少年A君。挨拶もそこそこにカメラをセッティングすると、この時間帯仙台に向かう電車や北への貨物列車が、バンバン上ってくる。かなりの勾配なのがよくわかる。

EH500の貨物列車
DSC_7762.jpg

普通電車も8両ぐらいになるとそれなりに絵になる。
DSC_7765.jpg
719系電車

何本か、普通電車と貨物を見送った。ここへもう一人のファンが登場。青少年A、中年B(私)、中年C氏で撮影大会。そこへ現れたのが、なんとED75の貨物列車!およよ、予想外!

DSC_7770.jpg

DSC_7774.jpg
ED75の1両牽引ですが、軽やかに山を登ってゆきました。どうやら郡山発の857列車。
牽引機はED75 140。これは昨日、郡山で休んでいたやつの片割れだ。ということは、今日の9563列車は単機なのだな。(週末に仙台-郡山を往復する名物列車です。)

これ1発で、C氏は帰ってしまい、A君も近くの国見パーキングエリアに散歩に行ったようだ。
このとき、JR東日本の車がやってきて、作業の方が1人で登場。何か注意しに来たのかと思ったら、線路際に常備してある予備レールにさび止めをスプレーしに来たのでした。
そして、こちらに向かって、
JR氏 「今日はなにか珍しいの走るのかい」
や 「ええ、583系電車の回送です。」
JR氏 「そう、気をつけて撮ってね」
や 「はい、ありがとうございます。お疲れ様でした。」
と、なんとなくお墨付きをもらった気になる。

11時近くなり、583回送の時間が近づいてくる。

きた~!
DSC_7777.jpg

6両編成
DSC_7779.jpg

回送とはいえ、軽やかに上ってゆきました。
DSC_7781.jpg

今回は、会津若松地区のディズニーランド臨でしたが、5月6月には福島地区からも設定されていて、2人以上のグループで寝台電車のボックスを貸し切りにしてくれて、なんと座席を引き出してベッド状態にして使ってもいいというサービスがあります。大人2人+子供1人ぐらいなら快適にすごせる人気列車になっているようです。

ところが、天気はどんどん怪しくなり、寒さもだんだん厳しくなってきます。とうとう雪が降ってきました。
雪に中を走る電車
DSC_7788.jpg

こりゃ寒い。徒歩5分の国見PAに休憩(温まりに)に行きましょう。高速1000円の休日ですが、あんまり込んでいませんでしたが・・・。

さて、今日のもう一つのお目当てが、日曜日のみ運用されているED75重連の4087列車。これが走っていること自体が、奇跡的なのですが。
11時過ぎ、そろそろ来るかと思ったころ、下のほうからぐわ~んと唸るようなモータの音が響いてきました。EH500とは音が全然違います。

きた、きた~!
DSC_7792.jpg

DSC_7798.jpg
1006+1027 でした。

もう1本、ありそうだけど、今日はここまでにしました。
一つ下の藤田まで走るように駆け降りて、帰路に。十分堪能しました。


途中、郡山駅構内に、役目を終えた除雪用の機関車が集められていました。
DSC_7800.jpg
ロータリーヘッドをつけたDD14

DSC_7801.jpg
ラッセル車のDE15 型もたくさんいました。

JR東日本は今冬で除雪用機関車の運用を取りやめるようですから、今集められている機関車たちはこのまま廃車になってしまうのでしょうか。郡山工場送り? 一応、今は郡山車両センター所属のようですが。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中年18きっぷ撮影行(その1 3月28日) [はつかり(鉄系)]

先週の「はつかり」に味をしめ、今週も583撮影行に出かける。
会津若松地区のディズニーランド団体列車で、東京に上った後、日曜日に喜多方から仙台まで回送されるので、これをかねてより一度行ってみたいと思っていた、貝田の峠で狙ってみたい。

先週のように高速バスで行くか?楽天で調べたところ、福島駅前で3800円のビジネスホテルがあるじゃん。というわけで、青春18きっぷ+ホテルどまりと決定。となると、土曜日の午前中はどこかに寄り道できるわけだ。

先週もちょこっとこころひかれた幕張電車区の国鉄型189系電車のサヨナラツアー(さりゆく千マリ189系)が、東京-銚子間で運転されるので、こいつを狙ってみたい。結局早起きして、横浜から総武本線の物井駅へ。このあたりの田園風景で待ち受けようというわけだ。
9時前、物井手前のカーブを通過し、物井駅に到着。ツアー電車の通過は9時20分過ぎなので、すでに大勢のファンがスタンバイしている。四街道寄りのポイントにおっとり駆けつけたが、すでにカーブのポイントは定員いっぱい。やむなく、直線部分にて待ち構える。天気はかなり厚い雲がかかっていて、露出が厳しいなあ。この直線なら結構スピード出してくるだろう。

もう一本のスペシャルトレインとしてお座敷電車を使用した「すいごう」号が運転される日である。まずやってきたのは、この電車。
DSC_7731.jpg
かなりシャッターが早かった。「Newなのはな」というニックネームがあるが、あんまり菜の花らしい色ではないなあ。初代のほうが菜の花っぽかった。

続いてやってきたのが、本命のサヨナラツアー189系電車。9両編成なので、なかなか見ごたえあります。せめてこのくらいの長さがないとね。
DSC_7735.jpg
なんとヘッドマークは「あずさ」。中央線で長く使われた電車らしい配慮です。区間によっては、ただの臨時になったりしたらしいけど。それにしても、露出がとれない。(ここでは後ろも「あずさ」でした。)

置き換えが近づいた、253系成田エクスプレス。(最近乗ってない) 総武線の車両故障で下りのダイヤがかなり乱れてきました。
DSC_7738.jpg

お目当てのツアーが去ってしまったので、カーブのところにおじゃましてもう少し撮りましょう。

総武線の211系電車は我々にとってはちょっと新鮮な帯を巻いている。
DSC_7742.jpg
なぜか、先頭のクモハはシングルアームと普通のパンタグラフを2基搭載しているのがある。(していないのもあるので、何のためについているのか?)

この辺で、物井駅の反対側、佐倉寄りに移動。
ようやく天気が回復してきた。ちょっと残念である。

特急「すいごう」の255系電車。
DSC_7752.jpg

農家のおばさんにご挨拶したら、この先にトンネルがあるから行ってみるといいよって。はい、ありがとうございます。(でも今日はそろそろ戻らないと・・・)

時刻をチェックしていなかったけど、鹿島への貨物も2本通過してゆきました。
DSC_7761.jpg

さて、このブログのテーマの一つが、「花と鉄道」。(知らなかったですか)
そのテーマに一歩でも近づきたい。
DSC_7759.jpg

菜の花に、スカ色電車。これ、落ち着きます。


ここで、物井駅に別れを告げ、一路、みちのく福島へ。
千葉から快速線で東京駅に出ると、なんと山手線が人身事故で止まっている。京浜東北はかろうじて動いているが、間隔は開いていて超満員。大塚駅での事故で埼京線、湘南新宿ラインも一時止まっているらしい。なんとかやってきた京浜東北に乗りこみ、上野駅へ。
東京メトロなどに振替輸送しているらしいが、「青春18きっぷ」も対象なのでしょうかね?

上野駅からはグリーン車をおごり、久喜、宇都宮と乗継ぎ、黒磯へ。黒磯までグリーン車が付いていたのは僥倖だ。黒磯からは701系電車の2両編成と一気にローカル色が強くなる。それでも結構客が乗っていて、さらりと席が埋まる。
いがぐり頭の高校生が集団で乗っていたのでてっきり白河あたりの学生かと思ったら、宮城まで帰るそう。都内の〇〇館で合宿した帰りだそうで、こういうのが正しい青春18である。
郡山貨物タ構内にED75が重連で休んでいる。週末名物の9652列車で仙台から上ってきたものと思われる。明日の9653列車で戻ってゆくので、それも狙ってもいいな。
そんなこんなで19時前福島に到着。上野から4時間で着くようになった。駅前のホテルにチェックイン。部屋からはちょうど、駅構内が見下ろせる。明朝のカシオペア、北斗星を撮りに行こうか考えながら休むことにしたことである。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

撮影中 [やまびこ(旅日記)]

貝田のS字にやって来ました。貝田の宿場町です。
相変わらず寒いですが、春も近づいています。
20090329091014.jpg20090329091036.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

『三春滝桜弁当』郡山駅福豆屋 [いなほ(駅弁風土記)]

『三春滝桜弁当』郡山駅 福豆屋 ¥1200

今週も福島に来てしまった。郡山から、分かれる磐越東線の三春。かっては三春駒で有名でしたが、近年は桜のほうが知られるところとなりました。
その滝桜をモチーフにした季節限定のお弁当。ご覧の通り華やかです。
20090328204844.jpg20090328204911.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

みちのくに向かってます [やまびこ(旅日記)]

黒磯まで来ました。
郡山行きは2両だけ。北へ向かう感を強くします。
20090328162743.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

『潮干狩り弁当』千葉駅万葉軒 [いなほ(駅弁風土記)]

『潮干狩り弁当』 千葉駅 万葉軒 ¥760
総武線にやって来ました。千葉駅で昼食に買いもとめたお弁当。
千葉駅の万葉軒は低価格で房総の産物を取り入れた弁当をいろいろ取り揃えている。これは偉い。
あさりとはまぐりを甘辛く煮付けた貝類の丼になっております。
30年以上前に何回も稲毛の浜に潮干狩りに来たものです。浦安のはぜ釣りとともに東京湾の思い出ですね。
20090328125501.jpg20090328125522.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

『四季の彩(いろ)』  福島駅  伯養軒 [いなほ(駅弁風土記)]

福島駅で買い求めた駅弁

『四季の彩(いろ)』  福島駅  伯養軒 ¥1000 (3/20 福島駅新幹線コンコースで購入)

DSC06093.jpg DSC06094.jpg

春なので、メインはタケノコでした。
福島駅はついに、新幹線コンコース以外の売店がなくなってしまった。在来線でご旅行の方ご注意ください。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

「つばさ」街道 [はつかり(鉄系)]

20日の続き・・・

大沢駅から上り電車で戻る途中、天気もだいぶ回復してきたので、庭坂で途中下車。400系「つばさ」を納めようというわけです。庭坂駅から徒歩20分ほどで有名な庭坂の大カーブに到着。
どこからはじめようか迷いますが、まずは一番上のほうからカーブを上ってくるつばさを俯瞰しましょう。

関西からのファンの方が線路わきで狙っていらっしゃいましたので、私は邪魔にならぬよう、斜面の外側から。

DSC_7688.jpg
軽々と登ってくる400系「つばさ」。山並の一番上に吾妻小富士が見えていたのですが、飛んでしまいました。

もう少し、下側の築堤を上るE3系「つばさ」
DSC_7694.jpg

新庄延伸の時に作られた1000番台か、最近置き換えのために作り始めた2000番台か。外見で見分ける方法がわかりません。

今日は、3連休の初日だけに、どの電車も満員。1時間に2本が基本だが、下りの場合、15分と45分の間隔で来る。予想外にE3系化が進んでいて、早くも半分以上がE3の様子。
年末まで、400系が残るものと思っていたら、「2008年12月から2009年夏頃にかけて順次営業運転に使用する計画です。」とのこと。
400系もこの夏の多客期までの可能性が高いですね。

今度は下のほうに降りて、築堤を下ってくる電車を撮影。
天気がだいぶ回復してきまして、日が当たり始めました。
DSC_7708a.jpg



神社の境内を突っ切る「つばさ」
DSC_7702.jpg

この神社は参道が奥羽本線でぶつ切りされてしまっていました。花は梅の花。

小一時間の滞在で、奥羽本線は切り上げ、「はつかり」の撮影に取り掛かったというところです。


最後に、南福島で見かけた神々しい梅の古木をご覧ください。

DSC_7712.jpg
きっと地元の人に大切にされているんだと思います。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

奥羽線大沢駅探訪 [はつかり(鉄系)]

昨日、早朝、福島駅に着いたところが予報の通り雨、これは午前中は時間をつぶさないと。

と時刻表を見ると、米沢まで普通列車で往復できる。そこで、板谷峠探訪を決定。
この区間の普通列車に乗るのは本当に久しぶり。もしかすると、新幹線開業後は初めてかもしれない。

広軌の719系-5000、米沢行きに乗り、出発。「鑑識米沢守」役の六角精児さんの顔がちらりと浮かぶ。雨がやめば、庭坂あたりで降りようかと思ったけれど、だんだん強くなる雨。大築堤を上って、山間部へ入ってゆく。
赤岩駅手前あたりの線路際の山林(防雪林?)が広い範囲にわたって切り倒されていて、切りだした材木が転がしてある。防雪林の更新の時期なのだろうか?

板谷駅、対岸の斜面のジグザグの道路が霧の中に浮かぶ。峠駅、スノーシェルターの中に小さなホームが作られている。
お、雨がやんだよう。そこで次の大沢駅で降りてみることに。

DSC06090.jpg
同じようにスノーシェルターの中に作られた小さなホーム。中で分岐するポイントが生きていて、駅の外に出る引き込み線がつながっている。

その先にあったのが、旧大沢駅。
DSC06089.jpg
なんともさびしい光景ですが、まだ駅名が読み取れます。

蒸機時代の給水施設が残っていました。
DSC06087.jpg


30分ほどの滞在で引き返します。何しろ普通列車の本数は少ない。
DSC06091.jpg
次のを逃すと、5時間後!県境現象にしてもすごい時刻表だ。

山形新幹線は頻繁に走っています。
スノーシェッドに突入してくる「つばさ」
DSC_7679.jpg
400系電車もあと1年だけとなったようです。

nice!(0)  コメント(0) 

特急「はつかり」 北へ [はつかり(鉄系)]

JR東日本が募集した特急「はつかり」&「おおとり」のツアー。

心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか。乗るほうも面白いが、網走まで通し、もしくは函館まで通しはしんどいので、今回は撮り鉄にします。青森までだったら乗るほうも考えたのですけど・・・

さて、どこで待ち構えようか。ご存じのように、東北本線は基本的に北に向かってはしているので、上りは正面に日が当たるけど、下りはほとんど逆光。下り線を走る今回の「はつかり」、どこで捕まえようか悩んだ方も多いのでは。 関東地方は、ファンがいっぱいいるだろうな。貝田とか大河原も人が多そう。
そこでかねてより一度行ってみたかった、福島盆地に下って行くところにしようと考えました。じつはここ、やまびこの生まれたところのすぐ近く。
郡山から山間部に入った東北本線が、金谷川を過ぎて、トンネルを抜けると左手に細長い盆地、その先に福島盆地と福島のシンボル信夫山が見えてきます。このあたり、上下線が離れていて、下り線からは盆地の先に、フジツボのような特徴ある山容の吾妻小富士をのせた吾妻連峰が見渡せます。
右手の緩やかな山の中には、「酒は大七」の大看板。これこそ、みちのくの車窓風景のシンボルでした。(いまは、「727化粧品」「白松ケ最中」ですかね。)
こういう懐かしい風景も、東北自動車道がぶち壊してしまいましたが・・・・

昨夜、横浜からの夜行バスで、福島駅へ。今日の予報は午前中、雨。午後から雨は上がると。

列車ダイヤは公表されていないようですが、上野発9時、青森駅20時着。それから、過去の「なつかしのはつかり号」の時刻など、貨物列車のスジから推定。福島着 13時40分と読んだ。
こりゃ~、急行以下ののスピードだ。

雨降りの午前中は奥羽線探訪とし、昼過ぎ、雨も上がったので、件の場所を目指して、歩く。能書きはいろいろ書きましたが、上り線は別として、下り線のほうは来たことがないので、土地勘があるわけではありません。
南福島から新幹線の沿って南下。梅の花が咲き誇る。上下線が離れてゆくあたりに、いい感じのカーブがあったのだが、狭苦しい感じなので、さらに先を目指すことにします。。
だんだん、青空が見えてきてしまう。逆光になるので痛し痒しではありますなあ。

30分ほどあるたところで、下り線が築堤の上を走り、うまい具合に、架線柱が反対側に切り替わったところを発見。築堤下の農道から撮影することに。それにしても風が強い。列車も止まってしまいそうなほどです。


2両編成の普通電車のあとやってきたEH500のコンテナ列車。
DSC_7715.jpg
ジェット機のような音を響かせてゆっくり下ってゆきました。すごい迫力!

再び待つこと15分、やってきました「はつかり」。強風で抑止がかかっているみたいです。止まりそうなほど、そろりそろりと降りてきます。
DSC_7722a.jpg
ちょっと短いけど、かっこいい。
下回りが隠れてしまいましたが、満足満足。

たしかに「はつかり」ヘッドマークが付いてます。絵入りのやつです。
DSC_7724.jpg

ゆっくり行くもんだから、いっぱい写真が撮れました。
DSC_7726.jpg
お互いに手を振りあってしまいます。次の機会は向こうに回ってもいいかも・・・・

追っかけでも1枚
DSC_7728.jpg

晴れてよかったですな。
それでも、急速に寒くなってきたのでこれにて撤退といたしました。
nice!(2)  コメント(2)