So-net無料ブログ作成
検索選択

『007/慰めの報酬』  (★★★★☆) [あおば(映画)]

330798view001.jpg

ダニエル・クレイグの0072作目。
今回は、水をめぐる争い。環境保護組織の仮面をかぶったドミニク・グリーンと結託したボリビアの元将軍に対し、ボンドと将軍に家族を殺された美女カミーユと組んで戦いを挑む。
水資源も映画に登場する時代になったんだなあ。

今回もイタリアにはじまり、ロンドン、ハイチ、オーストリア、ボリビア、ロシアと世界各地を転戦。恋人を殺されたボンドは復讐の鬼と化してしまったようだ。ボンドがジェイソン・ボーンになってしまったのかと思いましたよ。

カーチェイス、追跡シーン、アクションシーンの連続。カット割りが短くおじさんにはついてゆくのが大変だ。
でも面白かった。

そして、今回のボンドガールは知的な印象だ。ウクライナ生まれのオルガ・キリレンコ。
330798view002.jpg

できれば毎回出てもらいたい知的美人ですね。




nice!(0)  コメント(0) 

懐かしくも美しい風景に泣ける~ 『マンマ・ミーア』  (★★★★☆) [あおば(映画)]

きょうから公開の「マンマ・ミーア」をさっそく鑑賞。
金曜日から公開というのはなかなか良いですぞ。

331238view001.jpg

母親の手一つで育てられたソフィが自分の結婚式に父親の可能性のある男性3人を招待。シングルマザーのドナ(メリル・ストリープ)は父親の出席を認めようとせず、大騒動に・・・・。
舞台はギリシャの小さな島。ドナは女手一つで小さなホテルを経営しているって設定で、美しい海と白い島の中で、ABBAの名曲たちが踊る。

「クレイマークレーマー」以来のメリル・ストリープファンのやまびことしては、見るですよ。それにしても、この風格と迫力、矍鑠としてという言い方は、適当ではないですが、何とも颯爽として、かっこいい~。歌も歌えるんで驚いてしまう。
(『フィッツジェラルド劇場』で実証済みだもの)
それにもまして、この映画で輝いていたのは、ソフィ役のアマンダ・セルフライド。まだ若い女優さんだけど、ラブコメディをやらせたらチャーミングだよ、きっと。

とにかく、私のような世代の者には、青春時代を思い出して、楽しい気分に浸る。そして美しい風景を堪能する。それに尽きますね。

nice!(2)  コメント(0) 

人生と生活を考えさせる一遍 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (★★★★☆) [あおば(映画)]

332137view005.jpg

ニューヨーク郊外に住むフランク(デュカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)2人の夫婦。
子供にも恵まれ、夫はマンハッタンのオフィスつとめの高給取り、専業主婦の妻は、周囲の人物に頼られるような傍目には幸せな理想的な家族に見えたが、、、、、
夫は毎日の代わり映えの市内しごとに飽き飽きし、妻は夢をあきらめてしまった今の生活がほとほと嫌気がさしていた。

ある日妻が若いころの写真を見ていて思い付きを提案。仕事をやめてパリに行こう。浮気をしていた夫は、後ろめたさからか、パリ行きに同意し、意気投合してしまう。パリには夢があると・・・・・

こりゃぁ、今のやまびこには毒だなあ。本気で乗っかってしまいそうではないかいと思って見ていたが・・・・


さっそく、パリ行きの準備をはじめて、ルンルンする2人。しかし、直後に予期せぬ昇進話と妻の妊娠が明らかになり、離れてゆく2人の心。2人は決定的な破局を迎えてしまうのか・・・・
激しく言い争う2人。ウィンスレットの迫力が凄い。



誰だって、若いころの夢を少しづつはぎ落とし、あきらめながら年をとってゆく。一握りの人が夢を実現するだけ。
でも若い時はそれはわからないんだな。それでいいのだ。でなきゃ、人間進歩がない。
と無理に納得するやまびこなのでした。
nice!(0)  コメント(0) 

エスニック研究会 [あけぼの(その他のグルメ)]

昨年8月に法務担当のNさん、広報担当のOさんと結成したエスニック研究会。

先週金曜日に第4回例会を開催しました。

今回のターゲットは、小田急線本厚木駅南口近くのNatty Spiceさん。カレー中心のdaining Barといったお店でしょうか。日によっては民族音楽のLiveなんかもあるようですが、この日はJBLのスピーカーがレゲエを奏でているのみ。

さて、まずはカレーをチキンカレーと定番のダルカレーを。

カレーにナンが合いますねえ。
DSC05473.jpg

タンドリーチキン
DSC05470.jpg
ジューシーな味わいが楽しめます。

バーカウンターには世界の酒がそろっています。
DSC05463.jpg
もちろん、焼酎や日本酒も取りそろえていますよ。黒糖の焼酎をいただきましょう。


サモサ
DSC05469.jpg

チリコンカンサラダ
DSC05468.jpg

最近、この界隈ではインド人経営のカレーハウスが雨後の筍のごとく出来てきているのですが、日本人経営ですが納得の味でございました。
このエスニック研究会、どこまで続けられるでしょうか。楽しみです。


(エスニック研究会の記録)
2008年8月  韓国家庭料理 チャングム 
  DSC04630a.jpg
自家製のサムゲタンがいけます。

2008年10月 韓国家庭料理 ビビンパハウス
  DSC05158.jpg
  トッポッキ、カクテキ、イカいため

  DSC05159.jpg
  韓国料理にはマッコリでしょ!
  Nさんお気に入り。

  DSC05162.jpg
  豚足と取り分けたサムゲタン

2008年12月 タイ料理 グァン
  DSC05417.jpg
  ココナッツミルクのスープがぶちうまい。辛いあさり炒め。

  DSC05419.jpg
  ふとめんのやきそばでございます。クリスマスにはタイ料理ですね。




nice!(0)  コメント(0) 

丹沢のふところに抱かれた町ですね [はつかり(鉄系)]

小田原からの帰路、少し前から気になっていた秦野駅付近の宅地開発現場に行ってきました。
2年前までは雑木林の斜面だったのですが、開発がはじまったと見えてコンクリートの擁壁がそびえたって来ているところです。

秦野駅で途中下車し、歩くこと10分ほど。開発現場の横の階段を上ったところからいい感じに見えます。
散歩に来た方に聞いてみると緑地を切り開いての開発にはかなりの反対運動があるようです。

VSEがやってきました。
DSC_6887.jpg
おしい。左側のマンションが建つ前ならとっても良かったんでしょうけど。

今度はRSE、
DSC_6891.jpg
大山がすっきり見渡せます。

今度は広い構図で
DSC_6894.jpg
山懐に抱かれた都会ですね。地下水を水源にしているので、大変おいしい水道水が得られるのも納得できますな。
nice!(1)  コメント(0) 

どこへいったのでしょうか [はつかり(鉄系)]

今日の1枚

DSC_6870.jpg

どこへいったのでしょうか?
雪をかぶった山並。右上のほうにお城の天守閣が見えています。松本か?

いえいえ、そんなに遠いところではありません。


こたえ・・・・・小田原市でした。

DSC_6872.jpg
東海道線を踊り子号とリゾート踊り子号がすれ違っているところです。

丹沢の大山の下をロマンスカーがゆくのも見えました。

DSC_6881.jpg


すっごい、いい天気。別の角度では富士さんもすっきり見えました。

予報に反して、日中はおだやかなうららかな春になりました。

DSC_6851.jpg

相模湾と真鶴半島もかすんで見えます。

梅の花も咲き始めています。春近し!
DSC_6849.jpg


今日の目的もこれ↓
DSC_6846.jpg

あと何回見られることやら。
ひどい出来ですが、列車の乗客は春の海を堪能していることでしょう。

ミカン畑の一番高いところから見下ろしていると、ミカン農家の方がいろいろ教えてくださいました。

ミ) よくこんなところまできたねえ。
や) 何回か来てますんで、いろいろ歩き回りました。
ミ) 眺めがいいでしょう。こんど、ここが遊歩道として整備されるんだよ。
   道路を拡幅して、一夜城とつなげるんだって。再来年ぐらいかなあ。
や) へえ、そうですか。
   いろいろ見るところがありますからねえ。

と、いいつつも、今の静かな雰囲気がどうなるのかやや心配です。
このミカン畑の中の農道は、軽トラック1台分の幅しかないけれど、一夜城と源平の合戦場の石神古戦場を結ぶハイキングコースにもなっているんですが、これを本格的に整備しようという計画のようです。



行がけの駄賃で、新幹線も・・・・

DSC_6832.jpg
残り少なくなった500系のぞみ。

DSC_6835.jpg
小田原駅に停車した300系こだまはゆっくり加速してゆきます。

初春の一日でした。


nice!(2)  コメント(0) 

どっかで見たことあるなあ 『252 生存者あり』 (★☆☆☆☆) [あおば(映画)]

dds.jpg

伊藤英明お得意のレスキューものっていうか、これって『海猿 Limit of Love』の焼き直し、そのまんま陸上版じゃん。

大地震とそれによる気候変動によって襲ってくる巨大台風が地下鉄駅を襲う。この中で地下鉄駅に取り残された篠原(伊藤)と数人の一般客の間の葛藤、彼らを救出しようとするハイパーレスキューの活躍と感動を描く。

まず襲ってくるのが、台風による高さ20mはあろうかという巨大高潮。こんなのありえないよ。と思っていたら、今日の朝日新聞に出ていた記事「巨大高潮 東京湾も備えよ」と。なんでも伊勢湾台風クラスの3mの高潮が来るかもしれないということ。
それにしてもだ。最初に高潮に飲まれるのが、お台場のフジテレビってか。(この映画、日テレだもの)波が引いたところに球体展望台がぷっかりぷっかり浮いているんだものな。
次に襲ったのが汐留のビル群で、なんだかバランスをとっている感じ~。

高潮に襲われた駅構内がパニックになるシーンが長すぎて長すぎて、かなりいらいら。
なのになのに、泣けるところはしっかり涙腺が緩んでしまうようにつくられている。ワンパターンなんだけどなあ。


もうひとつ、彼等が逃げ込んだ銀座線の新橋駅。ここで、東京高速鉄道の旧新橋駅に逃げ込んだっていう話。早川徳治ひきいる東京地下鉄道と五島慶太ひきいる東京地下鉄道の抗争はそれだけで映画になりそうな史実があるわけだが、この旧駅になんと古い電車(100型にみえたが)が置いてあって、これをシェルターに使っちゃうって場面が出てくる。まさか電車置いてないすよね。

ところで252って何のこと?
「生存者あり」という意味の“通話コード”だそうですが、どんなときに使うのでしょうか。


nice!(0)  コメント(0) 

かっこいいです  『カンナさん大成功です!』   (★★☆☆☆) [あおば(映画)]

久し振りの映画鑑賞。

去年、キム・アジュンにぞっこんになってしまった『カンナさん、大成功です!』、この逆輸入された日本の劇場版に。

dds.jpg

整形手術で生まれ変わったカンナさんがあこがれの男性のいるアパレル会社に入って、新ブランド立ち上げに取り組む。っていう話。「美人になったら着たい服」っていうのだ。

キム・アジュンのような歌唱力でも出てくるのかと期待したが、それはなし。かわりに静ちゃんのデザイン力が発揮される。
それにしてもファッション業界のひとはかっこいいなあ。顔は小さいし、足は長いし。こりゃあ、女性がファッションにはまるのもわかるなあ。

ボスの浅野ゆう子がいったことば、「20年前も、今も幸せよ!」だったかな?こりゃ~、まいってしまうなあ。自信満々だもの。きっと、物語の仕掛けもこのおばさんの予想通りだったんだよなあ。
nice!(0)  コメント(0) 

うに祭り、もう一丁! 『うに一途』 八戸駅 吉田屋 [いなほ(駅弁風土記)]

もう一丁、うにの豪華駅弁をご紹介。

『うに一途』 八戸駅 吉田屋 ¥1,600  (1/17仙台駅旨囲門にて購入)

DSC05997.jpg

通常、食べられているむらさきうに(キタムラサキウニ)にくわえて、高級品種ばふんうに(エゾバフンウニ)をつかった豪華うにづくしです。

DSC06000.jpg

むしうに3種(むらさきうに、そぼろじょうのもの、ばふんうに)とウニの佃煮の4種類の味が楽しめます。
どうやら写真上の部分がばふんうにのようですよ。(自信がないですが、この部分の味が一段と良かったです。)
ばふんうにを駅弁にしたのは初めてではないでしょうか。ただしばふんうには八戸の近所では取れそうもないですが。

それにしても、吉田屋さん、がんばっています。
こう拡大路線に走ると、盛岡のむつ弁、村井松月堂の轍を踏まないかと多少心配になります。が、今や仙台・東京へも販路は広がっているので、新幹線の青森延長後も生き残ってくれるものと思います。新青森駅にも入りそうな勢いがありますもの。


nice!(0)  コメント(0) 

うにまつりじゃ! 『三陸あわびうに飯』  一ノ関駅 あべちう [いなほ(駅弁風土記)]

仙台駅の旨囲門で購入 

『三陸あわびうに飯』  一ノ関駅 あべちう  ¥1200

いまや便利な時代となりました。東京でも仙台でも地方の弁当が買えるなんてねえ。

DSC05998.jpg

DSC05999.jpg

うに飯の上にアワビが5切れ、それにアワビの肝まで煮込んで入っておりまする。
うに好きにはたまりません。20年ぐらい前はウニの駅弁と言えば、平(現いわき)の「うにめし」ぐらいしかなかったのですが、東北新幹線開業後一気に増えました。たまりません。


nice!(1)  コメント(2)